Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

小林聖心女子学院ブログ

丘の学び舎 その18

2015年10月26日校長室より

 中高の体育祭が終わりました。体育祭は中高生が大好きな行事の一つで、グラウンドでは、一日中、熱い闘いが繰り広げられます。小林聖心の体育祭が盛り上がるのには、理由(わけ)があります。

 一つ目は、学年対抗であるということです。それぞれの学年は中学に入学した時から、6つの色の一つを学年のアイデンティティとして、成長していきます。学年カラーを強く意識するのが体育行事であり、体育祭はその頂点にあります。下級生は遠慮することなく上級生に立ち向かい、上級生は手加減することなく、下級生のチャレンジを受けて立ちます。もちろん、種目によっては、中1が一位になることもありえるのが、小林聖心の体育祭の醍醐味です。学年カラーのもとに力を結集し、喜びも悔しさも共有する。この6年間の積み重ねが、生涯の友情を育んでいくのです。

 もう一つは、何にでも本気で取り組むという姿勢です。まさに、小林聖心の生徒らしい姿です。運動の得意な人もそうでない人も、一人一人チームになくてはならない存在として、本気で走り、踊り、そして応援するのです。人間が本気になる姿は、本当に美しいものです。それぞれの本気が響き合って、グラウンドいっぱい本気が広がります。

 熱い学年対抗の競技がすべて終わった後に訪れるのは、学年を越えた一つの小林聖心です。勝っても負けても、一日を共有した中高生でつくる一つの「家庭」。ここに至って初めて、本物の体育祭です。今年もそんな体育祭を無事に終えられたことに感謝致します。