小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

プラクティス

2018年11月29日 小学校

教会での待降節始まりよりひと足早く、11月26日月曜日から小学生は「クリスマスのためのプラクティス」を始めました。
聖心では昔からクリスマスを迎える心の準備をするために、「プラクティス」と呼ばれる具体的な目標を決め、それを毎日守ることがイエス様へのプレゼントになると考えて、日々取り組んでいます。
プラクティスの柱になるのが「沈黙と祈り」です。聖心で大切にされている「沈黙」はただ黙るのではなく、沈黙の時を神様への祈りの時間と考えています。沈黙の時を通して自分の行いを振り返り、周りの人のことを思う気持ちを毎日積み重ねて、クリスマスを迎えます。

校舎内にはクリブと呼ばれる、キリストの生誕場面を表す木彫りの人形も飾られました。
静かな時を大切にしながら、イエス様のお誕生日であるクリスマスを喜びのうちに迎えたいと思います。

このページのトップへ