小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

茶道体験

2019年5月14日 小学校

本校のお茶室で、6年生が茶道体験を行いました。
昨年も2回体験しているので、少し慣れてきていますが、やはり緊張した面持ちでした。
お作法の合間に四季の風物についても教えていただきます。
今月は菖蒲についてお話を伺いました。
こうして、日本の伝統的な文化を身につけていきます。

Come and see Day の準備

2019年4月25日 小学校

今月28日のCome and see Dayでは、5,6年生はゲームを担当することになっています。
今日は、Come and see Dayの準備の時間がありました。
来てくださる方が楽しんでもらえるように、明るい気持ちになってもらえるように工夫して飾りつけをしました。
当日は、たくさんの方々と出会えると嬉しいです。

Come and See Day にむけて

2019年4月22日 小学校

今月28日のCome and See Dayでは、5,6年生もゲームの係として働きます。
今日は小学校へきてくれた企画担当の12年生からゲーム運営について聞きました。
募金をしてくださったお礼としてゲームを楽しんでいただくのだから、小さな子どもたちにも楽しんでもらうための心遣いを忘れないようにすることなどを話してくれました。
学院全体で取り組む奉仕の心が、こうして小学生にも伝わっていきます。

クラブ活動

2019年4月16日 小学校

今年度初めての5,6年生によるクラブ活動がありました。

創作 アウトドア 百人一首 サッカー プログラミング
卓球 チャレンジ 手芸 バドミントン ドッジボール
ミニバスケット ダンス

それぞれ同好の児童たちが集まり、自分たちで目標やルールを決めたり、早速活動を楽しんだりと、笑顔に満ちた時間となりました。

小学校修了式

2019年3月22日 小学校

3月18日、平成30年度の修了式を迎えました。

シスター棚瀬校長からは、今年度の重点目標「拓く」が達成できたかどうかという問いかけがありました。子供たちは、新しい自分に挑戦し続けられたかどうか、真剣なまなざしで振り返っていました。

矢本副校長からは、それぞれの学年のがんばりを褒めていただくとおもに、そのがんばりを支えてくれた他学年や先生、家族、周りの方々の存在に目を向けることの大切さも教えていただきました。

毎日子どもたちに接していると、その変化には気が付きにくいものですが、一年前の姿を思い起こすと、成長の大きさを改めて感じさせられます。そんな神様のお恵みに感謝いたします。

 

小学校 卒業式

2019年3月18日 小学校

3月15日(金)は小学校の卒業式でした。あたたかい春の陽に恵まれ、6年生91名が卒業しました。

矢本副校長先生のお話にもあったように、強い個性が集まった学年であることは将来の夢が種々様々であることにも表れていたようです。そして、その一人ひとりの個性を受け止め合うことのできる集団でした。シスター棚瀬校長先生からは「地球星歌」の歌詞にある通り、「まだ見ぬあなたの笑顔のために」祈り、自分の力を使い、自分たちで未来を創っていってほしいというお言葉をいただきました。悲しいこともありましたが、いつもそばにいてくれる友のことを思って大きく羽ばたいていってほしいと思います。ご卒業おめでとうございます。

お別れ朝礼

2019年3月14日 小学校

今年度をもってお辞めになられる先生方へ、朝礼でお別れのごあいさつをしました。
児童会や担任のクラスだった子ども達から、感謝の言葉を伝え、花束をお渡ししました。
お別れするのはとても寂しいですが、お世話になった感謝の気持ちを全校児童で表し、拍手でお送りしました。教えていただいたことを、ずっと心にとめておきたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。

 

音楽鑑賞会

2019年3月12日 小学校

音楽を大切にしている本校では、年に1回学校でコンサートが開かれます。
今日は、パーカッションアンサンブル“Leverage”の方々をお迎えして、午前中は中高生が、午後からは小学生が、打楽器の演奏を聴くことができました。

一番大きなサイズのマリンバから、ビブラフォン、ドラムセット、コンガ、ボンゴなど、舞台に所せましと並べられた楽器に子ども達の目は釘づけで、4人だけの演奏とは思えない多彩な音色や迫力に魅了されました。
思わず手拍子や足でリズムを取る子ども達の様子から、音楽を体いっぱいで楽しんでいることが伝わってきました。今日は特別に心豊かな1日となったことでしょう。

 

このページのトップへ