小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

6年生校外学習 ~京都の世界遺産と伝統文化にふれる~

2019年12月3日 小学校

11月27日(水)、6年生は校外学習で京都を訪れました。

最初に向かったのは世界遺産・鹿苑寺(金閣寺)。
北山文化の象徴として国内外から多くの観光客が訪れる名刹。
社会科の資料集で見たことはあっても、本物を目にすると、思わずその美しさに惹きこまれてしまいます。
子供たちは、室町幕府の第3代将軍・足利義満の権力の大きさを実感しました。

次に向かったのは、二条城。
徳川家康が1603年に京都の拠点として建てた平城で、1867年には江戸幕府の第15将軍・徳川慶喜が大政奉還を行った場所として、こちらも世界遺産に登録されています。
子供たちは、鴬張りの廊下の音に耳を澄ましながら、延々と続く長い廊下、豪華絢爛な襖絵に見入っていました。

京都御苑で昼食をとった後、午後からは大江能楽堂にて能を鑑賞しました。
国語の授業で能や狂言について事前学習をしていましたが、実際に能楽堂に足を踏み入れた瞬間、子供たちからは思わず「わあ」という声が上がりました。
全員で「高砂」の一節を歌ったり、能舞台の上で面や衣装を付けさせていただいたり、所作を教えていただいたりした後、最後に「敦盛」の一部を鑑賞しました。
子供たちは、面をつけた敦盛の圧倒的な存在感、そして能楽堂に漂う緊張感を味わいました。
その後の質疑応答では、予定時間を超えてたくさんの質問が飛びだし、心と頭で伝統文化を味わうことができました。

6年生は、12月中旬にオーストラリアからの留学生を招き、日本の伝統文化を紹介する「Japan Festival」を行います。その前に、自分たちが日本の伝統文化にふれ、意味のある一日となりました。

連携算数

2019年10月16日 小学校

今年度、7回目の連携算数の授業でした。6年生は4月から図形ソフトCabriを活用して、本校の中学校高等学校の数学教諭の指導のもと、数学的な思考力を養っています。前期に習得したCabriの基本的な操作を使って、今日は図形作りにチャレンジしました。円を描く時はまずは線分を描いて、コンパス機能で測って…と試行錯誤しながら取り組んでいました。

EFL (English as a Foreign Language) SUMMER WORKSHOP 2019

2019年7月31日 小学校

Imagine if you could go to London, Dubai, Florida, New York, Hawaii or Singapore. Which would you choose and why?
More than 40 5th and 6th graders were talking about an imaginary vacation to one of these interesting locations during our annual EFL workshop. They have been meeting for 5 days to plan a trip, make passports, chose hotels and make a short speech about their imaginary vacation. They had one-on-one interviews with American teachers. Also, they sang English songs, such as “A Whole New World” from the movie “Aladdin” and speaking activities like “Who am I?” Students were really trying hard to use lots of English and improve their speaking skills.

6年錬成会 第2日目

2019年7月23日 小学校

錬成会2日目は、「トトロの森をさがせ」というゲームを行いました。一つの地図を完成させるために、班のメンバー5名がそれぞれ異なる情報をもち、それを伝え合う中で地図の全体像を描いていくというものです。情報と情報、イメージとイメージを重ね合わせることで、ゴールへと近づくことができます。初めは簡単と思っていた子供たちですが、多くの情報が矛盾なく整合する地図を作るのは意外と難しく、途中で投げ出したくなることもあったようです。しかし、「もう一回考えてみよう」など前向きな声をかけ合いながら、完成へと向かっていきました。

午後は6年生だけでごミサに与りました。全員が神父様から祝福をしていただき、いつもよりもっと神様を近くに感じることができたようです。

自分のことを知り、友達のことを知ることができた二日間となりました。

 

6年錬成会 第1日目

2019年7月22日 小学校

今日から6年生の錬成会が始まりました。カトリック芦屋教会の川邨裕明神父様ご指導のもと、自分の心を見つめる二日間です。

初日の今日は、3つの活動に取り組みました。一つ目は「親友とは?」です。自分たちが考える親友の意味を考え、漢字や絵を使って表現します。  例えば、「真優」や「芯友」、「新you」などです。各班の「しんゆう」の理由を聞き合うことで、親友の意味を確かめていきました。

二つ目は「エゴグラム」です。簡単なアンケートに答えることで、自分の性格や考え方の傾向が分かるというものです。自分でも気づいていない自分の特徴に気づくことができたようです。三つ目は「相手を知るインタビュー」です。友達にインタビューすることを通して、友達の新たな一面を発見していきました。自分との共通点や相違点を見つけることが、自分を知ることにつながりました。

明日は、グループでの協力が必要なゲームに取り組み、さらに心を磨いていきます。

 

部会

2019年6月20日 小学校

今日は放課後に部会がありました。
部会は、4年生から6年生の児童が11の部に分かれて、学校生活に関する様々なことを話し合いながら実際に活動していくものです。
今日も6年生の部長を中心に主体的な活動ができました。

6年修学旅行 4日目

2019年6月14日 小学校

いよいよ最終日を迎えました。
今日は世界遺産・白川郷のグループ散策です。

まずは合掌造りの内部を公開している和田家、長瀬家、神田家、ゆめろむ館、明善寺の五つのグループに分かれて見学をしました。昨日のトークセッションで教えて頂いたことを、実際に目で確かめることで、白川郷の人々の工夫を感じることができました。自分から質問して、熱心にメモする姿がたくさん見られました。

その後、三人組で荻町の中を散策し、最後のおみやげタイムを楽しみました。疲れのたまる4日目でしたが、全員出発時間に遅れることなく、バスに戻ってきたことに成長を感じます。

初めての中部地方、初めての3泊4日は、試行錯誤の連続でしたが、子供たちに多くの学びを与えてくれました。この経験を、これからの学校生活の中でも生かしてほしいと思います。

6年修学旅行 3日目

2019年6月13日 小学校

修学旅行も後半に入りました。今日は晴天に恵まれ、雲ひとつない青空が広がりました。

今朝の上高地は気温8度。早朝の散歩では防寒着を着込み、誰もいない河童橋の上から奥穂高の眺めを独り占めしました。

朝食後は、まず上高地ビジターセンターを訪れ、上高地の植物や動物についてのお話を聞きました。野鳥が140種類もいることや、運が良ければかわいいオコジョにも出会えると知り、散策が楽しみになった子供たち。疲れも見え始めていますが、無事に2回目の上高地散策を終えることができました。

 

お昼は高山ラーメンを食べ、元気を取り戻しました。

午後からは、いよいよ世界遺産、白川郷に入りました。今日は、明日のグループ散策を前に、地元の方を招いたトークセッションを行いました。合掌造りでの暮らしや、世界遺産に関する質問に、一つ一つていねいに答えていただきました。明日の散策では、目で見るだけでは分からない、そこに住む人々の思いを想像しながら、世界遺産を味わうことができそうです。

修学旅行も残り一日。全員が笑顔で旅を終えることができますように。

このページのトップへ