小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その28

2018年9月25日 校長室より

「小学校便り9月号」より

創立者生誕の地で学んだこと

猛暑の夏は終盤を迎えつつあるのでしょうか、秋風がとても待ち遠しい今日この頃です。始業の日、子供たちは少しお姉さんになった顔つきで元気に挨拶をし、学校生活が再開しました。休み明けはいつも、「お帰りなさい」という気持で子供たちを迎えます。長い休暇中、学校とは異なる場での経験を通して一段と成長した子供たちが学校生活に戻り、また新たな学びの中で成長していく、そんな学年の後半にいよいよ向っていきます。

ところで、この夏、私は小林聖心や姉妹校の先生方と共に、創立者聖マグダレナ・ソフィア縁の地を巡る旅に出かけ、たくさんの新しい出会いと気づきを頂きました。そのすべてをこの紙面で分かち合うことはできませんが、最も印象深く心に響いている、創立者生誕の地ジョアニーで学んだことについてお話したいと思います。

ジョアニーはパリの南東、車で2時間程のところにある、のどかなブルゴーニュの町です。産業といえばぶどう酒作りが主で、今も、丘一面にブドウ畑が広がっています。創立者の父親はぶどう酒の樽作り職人であると同時に、それを取り扱う商人であり、ぶどう畑も所有していました。創立者は小さい頃から、ぶどう畑で遊び、また刈り入れなどの手伝いもしていましたので、ぶどうの木についてよく知っていましたし、どのようにぶどうが栽培されるかということにも通じていた違いありません。フランスのぶどうは、日本とは異なり、80cmくらいの高さの木で、棚にはせず、畑にずらりと等間隔に植えて育てます。ぶどう栽培は本当に手間がかかる作業です。枝を剪定して甘い実をつけるように手入れしなければなりませんし、時期はずれな寒波が押し寄せる時には、幾晩も幾晩も畑の土を暖めるものを木の列に従って、3mおきに置いていくのだそうです。根が勝手に横に伸びていかないように切り取り、下へ下へと深く伸びるように導くのも大事な作業です。見えている木の2倍の根が実は地中に伸びているのだという話を伺って、深い感動を覚えずにはいられませんでした。

創立者はこんなぶどうの木を目の当たりにしながら大きくなります。やがて16歳でパリに出ていき、シスターになる養成を受けた後、1800年、20歳で聖心会を創立することになります。そして、翌年にはアミアンで聖心女子学院が創設されます。このアミアンに始まり、ずっと聖心の教育で大切にしてきたのが「深く学ぶ」ということです。創立者はぶどう木が地面深く根をはってこそ甘い実を結ぶことができ、やがて人々を喜ばせることのできるワインになっていくのだということをよく知っていたことでしょう。この「深く伸びる根」のイメージが聖心の教育の根本にあるのだということに気づかされました。

「深い学び」とは、学んでいる内容に自分にとっての意味や価値を見出すことができるような学びといえるのではないでしょうか。他人事ではなく自分事として学ぶ姿勢から生まれてきます。そして、自分はどういう人間になりたいのか、どういう生き方をしたいのかということを考える助けとなり、しっかりと自分の足で立てる人になるためのエネルギーを与えてくれるような学びこそ、「深い学び」であると思います。

聖マグダレナ・ソフィアの考え方・生き方の根本が、あのジョアニーでの生活にあったように、小さい時の日常生活の一コマ一コマが「深い学び」につながっているということを確信し、また子供たちの成長を見守って参りたいと思います。

丘の学び舎 その27

2018年7月23日 校長室より

6月中旬に大阪北部を震源とする大きな地震に見舞われ、7月に入ると、今度は、大雨で4日間警報が続くというかつてない経験をしました。西日本で大きな災害が続く中、学校は特に大きな被害もなく、無事に夏休みを迎えられたことに感謝いたします。また地震と水害の被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。

今回の地震の後、100年に一度の規模の南海トラフ地震が近づいてきていると報道されたり、先日の大雨の時のように、数十年に一度のような被害を想定した上での「特別警報」が発令されたりすると、現代の日本は異常が日常化してきているように思えてなりません。多くの児童・生徒の命を預かる学校としては、緊急事態に備えて防災体制の強化を図る日々が続きます。いざという時に備えて、物心両面の準備が必要ですが、予防線を張りすぎてかえって子供たちの不安を煽り、狭い世界に閉じ込めてしまうようなことはしたくないものです。

いよいよ夏休みが始まります。こんな時代だからこそ、液晶画面の奥のバーチャルな体験ではなく、本物とふれあい、よい本や芸術作品と出会い、「生きている」ことのすばらしさを実感できますように。そして、誰かのために役立つ喜びを、何らかの形で体験できる夏休みとなりますようにと、心から願っています。

丘の学び舎 その26

2018年6月9日 校長室より

6月8日(金)イエスのみこころの祝日、ステージII(5・6・7・8年生)の朝礼で、話をしました。聖心で学ぶ児童生徒は「みこころの子供」という名前を創立者聖マグダレナ・ソフィアから頂いているのですから、イエス様の心にふさわしい人になってほしいとの願いを込めて、「心には温度がある」という話をしました。

心には温度があるのですが、私たちの心はどのくらいの温度でしょうか。冷たい、冷めている、なまぬるい、温かい、熱い等、様々に表現することができます。イエス様の心はBurning Heart(燃えている心)と言われますので、温かいどころか、熱いのです。熱い思いで、一人ひとりを慈しみ、幸せを願ってくださいます。

熱いというと何かに夢中になっている様子、例えば、電車の中でよく見る光景、SNSとかゲームに熱中するというようなことも想像できますが、イエス様の熱さは「関心」という熱さです。もちろん、あら探しをするための関心ではありません。周りの人や周りで起こっていること、例えば誰かが苦しんでいるとか助けを必要としているとかいうことを放っておけない、何かしなければ、私に何かできることはないかしらと一生懸命になることです。「別に・・・」とか「関係ない」とかいう冷めた心とは正反対です。小林聖心の子供たちが、イエス様のような熱い心で人の痛みを少しでも理解し、その思いを行動で表すことのできる人になりますように。

丘の学び舎 その25

2018年5月28日 校長室より

先週は、小学校、中学・高等学校、それぞれで創立者聖マグダレナ・ソフィアのお祝いをしました。今年は特に創立95周年もかねたお祝いで、中高では、6学年揃っての歌ミサと、オーストラリアからのシスターDonna Collinsのお話を伺ってお祝いしました。この祝日は毎年巡ってきますが、217年前に聖心女子学院を始めてくださった創立者のことを、過去の人としてただ思い起こして祈るのではありません。世界の姉妹校146校の一つである小林聖心で今も生き続ける聖マグダレナ・ソフィアの思いを新たにし、児童・生徒がこの学校で学んでいることの意味を心に刻む機会です。

学校へと続く「みこころ坂」の緑のトンネルがますます目に眩しい季節。「さつき~うるわしく♪」と聖マグダレナ・ソフィアの歌を捧げながら、子供たち一人ひとりは創立者との語らいの時を過ごしたことでしょう。そして、「みこころの子ども」という名前をいただいた者として、どんな使命に与り、将来どんな生き方をするよう招かれているかということを思い巡らすことができたのであれば幸いです。

丘の学び舎 その24

2018年5月28日 校長室より

学院祭Come and See Dayが終わり、学院は落ち着いた緑の季節を迎えています。最近読んでいた教育誌の中で、「空気の教育」という言葉に出会いました。子供たちは、狭い意味でのカリキュラムだけではなく、もっと広い学校全体を包む空気、いわゆる学校文化と呼ばれるものに日々浸りながら成長していくのだ、という教育の本質ともいえる意味が込められています。「小林駅からみこころ坂を上って学校に近づくにつれ、何か特別な空気を感じる」と来校なさった方々によく仰っていただきます。確かに小林の丘の上には、小林聖心という学校文化が脈々と息づいています。

この「空気」を作っているものといったら、何が挙げられるのでしょうか。様々な歴史的変遷を辿りながら歩んできた95年という時間。その背後に存在する200年を超える聖心の教育。10万㎡を超える緑豊かな敷地と、そこに棲む野鳥のさえずり。また、偉大な建築家アントニン・レーモンドの作品である本館校舎が醸し出す重厚で落ち着いた雰囲気。祈りの時間の静寂さと児童・生徒の活き活きとした活動。そして、忘れてならないものに、学校の敷地には珍しい、25名のミッショナリーのシスター方が眠る墓地があります。日本の子供たちの教育に生涯を捧げてくださったシスター方の祈りが、この小林聖心の空気そのものといえるのかもしれません。

丘の学び舎 その23

2018年4月28日 校長室より

いよいよ、「学院祭Students’ Day」と「学院祭Come and See Day」が近づいてきます。12年生のリーダーシップのもと、中高生全員、準備に余念のない日々を過ごしています。今年から「学院祭Come and See Day」には、小学校5・6年生もゲームのお手伝いとして加わります。Stage II(5年生から8年生)の一員としてお姉さんたちの仲間入りをし、小さい子供たちに楽しんでもらえるよう一生懸命働くことができるのは嬉しいことです。

「Come and See Day」とは聖心の中でよく使われてきた表現で、以前はバザーの日を「Come and See Day」と呼んでいました。今年からバザーが学院祭と一体になったことを受けて、「学院祭Come and See Day」と命名しました。

「Come and See」とは聖書でよく用いられている表現です。「私のことを知りたいのであれば、Come and See!」と呼びかけてくださるイエス様の招きを感じさせられる言葉です。聖歌「With Christ」で「来~て~見なさい~♪」と歌うとおり、この学院祭が児童・生徒、保護者、卒業生、お客様、そして先生、皆にとってイエス様との出会いの場となりますように。そして、そこで温かさと喜びに満ちた神の国が広がりますようにと、心から願っています。

丘の学び舎 その22

2018年4月23日 校長室より

気温の変化が激しい一週間でした。校内では、色とりどりの花が咲き乱れ、子供たちの表情も春そのものです。この季節を「春」と呼ぶ理由には様々な説があるようですが、「草木の芽が張る」季節だから「はる」というのが一般的だそうです。

芽が張ったような膨らむ心を、新学年度の児童・生徒の表情から見て取ることができます。1年生は新しい学校生活、お姉さんたちとの出会いと、毎日、喜びと好奇心で一杯です。お帰りの時は、2列に並んで隣のお友達と手をつないで下校します。満足しきった表情で、「楽しかった!」と口々に報告してくれます。

心地よい緊張感の中で、新しい学校生活が動いています。校庭では、タブレットPCを抱えた7年生が、植物の観察に夢中です。12年生は、間近に迫った学院祭の準備のため、休み時間になると真剣な表情で走り回っています。

丘の学び舎 その21

2018年4月14日 校長室より

ご復活の喜びのうちに、色とりどりの花に包まれて、新しい年度を迎えました。小林聖心創立95周年を祝う年の始まりです。

小・中・高それぞれの入学式が終わり、今週は1年生~12年生まで揃っての学校生活となりました。1年生は長いみこころ坂を一生懸命歩いて上り、元気一杯の挨拶で一日を始めています。7年生は慣れない校舎で迷子になりながら、ちょっとお姉さんになった様子で、新しい学校生活に取り組んでいます。10年生は高校生らしくなりたいという意気込ごみをもって、グレードアップした授業に臨んでいます。そして、最高学年となった12年生は、記念すべき95周年の学院祭に向けて、力強いリーダーシップを発揮しています。

7年生と10年生は一人一台タブレットPCを所有しての学校生活が始まりました。95年の歴史の中で記念すべき出来事の始まりです。

12年間の流れの中で、それぞれの段階のそれぞれの子供たちがどんな成長・変容を見せてくれることか、とても楽しみな一年です。今年度の学校全体の教育目標「拓くひらく ~Lift Up Our Hearts~」を心に刻み、神様に心を高く上げながら、児童・生徒一人ひとり、主体的に道を切り拓いていけますように。

このページのトップへ