小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

カルタ大会を行いました。

2019年1月16日 中学校

1月10日(金)、年明け最初のHRで、7年生、8年生のカルタ大会をロザリオヒルで行いました。

毎年新春の恒例になっていますが、今年は7年生にカルタ同好会のメンバーがおり、大いに盛り上がったようです。

カードを作りました。

2018年12月10日 中学校

本日のHRで7,8年生は、プラクティス献金と一緒にフィリピンの幼稚園に送る、グリーティングカード作りを行いました。

今日から始まったプラクティスで沈黙を守り、多くの贈り物を届けることができるよう、クリスマスに向けての準備を少しずつ積み重ねていきます。

無原罪の聖母のお祝い

2018年12月8日 小学校中学校

12月7日(金)、無原罪の聖母のお祝い(「ゆりの行列」)行事が行われました。

StageⅡの5年生〜8年生は中庭に集まり、校長先生からお話を聞きました。
自分の心を託したゆりの花を胸に持ち、祈りながら、周りの友だちと心を合わせながら聖堂に集っていく「ゆりの行列」の意味、大切さを教えていただき、皆で心を合わせました。

その後、聖堂で聖歌を歌い、聖書のみ言葉に耳を傾け、マリア様にゆりの花を捧げました。
ゆりの花でいっぱいになった花台と、その奥に佇むマリア様から、まっすぐな心、誠実な心、神様に向かう心をいただいたように思います。

StageⅡ 聖フィリピン・デュシェーン祝日

2018年11月16日 小学校中学校

今年は聖心会の2番目の聖人、聖フィリピン・デュシェーンの渡米200年になります。
フランスで始まった聖心女子学院がアメリカの地に根をおろし、200年の間に世界に広がりました。
小林聖心女子学院も、彼女の渡米なくしては設立されませんでした。
この記念の年を、学院全体で、また世界中の聖心の学校でお祝いしています。

彼女の生涯は苦難に満ちたものでした。
修道女となり、故郷フランスを離れ、言葉の壁や貧しさにも耐え、アメリカの先住民にイエスのみこころを伝えられました。

その強い意志、真の勇気に、私たちも少しでも倣うことができるように、5年生~8年生が集い、祈りをささげました。

明日香村へ行きました。

2018年11月15日 中学校

11月2日(金)、秋の青空に恵まれた中、7年生は奈良県明日香村へ校外学習に行きました。

飛鳥寺ではお寺さんのお話をうかがった後、現存する日本最古の仏像を拝観しました。
その後、班別に分かれ、班ごとに計画した行程にしたがって、明日香村のさまざまな歴史遺跡や寺院などを訪れました。

ホンモノに触れる中で、授業で聞いた知識が確かに自分のものとなる経験のできた1日となりました。

クラス合宿を行いました。

2018年5月28日 中学校

5月25日(金)~26日(土)、ロザリオヒルで7年生ばら組のクラス合宿を行いました。

与えられた予算の中で話し合って鍋の具材やデザートを買い物し、お鍋を作って食べる7年生の恒例行事。中には7円しか残さなかった班もありましたが、どの班も鍋もおやつもほとんど残食がなく、みんな大いに食べ、しゃべり、楽しみました。

夕食後には、班ごとに「良いとこ見つけ」の紙を書きました。あまりこれまで話したことがなかった友達の良いところもたくさん見つけられたことと思います。

自分たちが完全でないからこそ、人と助け合うことができ、より深い絆を結んでいくことが出来ます。お互いの良さも弱さも丸ごと受け入れ、温かく支え合えるばら組に育っていって欲しいものです。

クラス合宿を行いました。

2018年5月23日 中学校

5月18日(金)~19日(土)の1泊2日、7年あやめ組はロザリオヒル教育施設でクラス合宿を行いました。

自分たちで夕食の食材や夕食後に食べるデザートを決めて、スーパーに買い物に行き、班のみんなで1つ同じ鍋を囲み、楽しいひとときを過ごしました。

この合宿は、今まであまり話したことのなかった人も、これまで仲がよかった人も、お互いに新しい一面の発見があるものでした。

共同体には、いろいろな人がいるからこそ、それぞれの人の個性が引き立つのだということが少し体感できた1泊2日になりました。

クラス合宿を行いました。

2018年5月21日 中学校

5月11日(金)、12日(土)に、7年(中学1年)ゆり組のクラス合宿を行いました。

班ごとに鍋の具材やデザートを決め、買い物に行きました。これまであまり話したことのなかった友達とも仲良くなれたようで、クラスメイトと過ごす時間を楽しんでいました。

短い時間でしたが、1泊2日のこの合宿を通して、クラスの絆を深めることができました。

 

 

このページのトップへ