小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

音楽鑑賞会

2019年3月12日 小学校

音楽を大切にしている本校では、年に1回学校でコンサートが開かれます。
今日は、パーカッションアンサンブル“Leverage”の方々をお迎えして、午前中は中高生が、午後からは小学生が、打楽器の演奏を聴くことができました。

一番大きなサイズのマリンバから、ビブラフォン、ドラムセット、コンガ、ボンゴなど、舞台に所せましと並べられた楽器に子ども達の目は釘づけで、4人だけの演奏とは思えない多彩な音色や迫力に魅了されました。
思わず手拍子や足でリズムを取る子ども達の様子から、音楽を体いっぱいで楽しんでいることが伝わってきました。今日は特別に心豊かな1日となったことでしょう。

 

黙想会を行いました。

2019年2月5日 中学校

1月24日(木)、25日(金)の2日間、9年生は、ロザリオ・ヒルにて「いのち」というテーマで黙想会に与りました。

谷崎新一郎神父様は、身の回りにある小さな優しさや思いやりに私たちが支えられていること、他の人の思いを感じ取ること、いただいた愛をプレゼントする生き方、などのお話を歌やイラストなどを交え、わかりやすくお話して下さいました。

2日間を終えてのふり返りには、「私のいのちは、たくさんの人の支えがあって成り立っていることに気がついたので、私もあたたかい心で周りの人の幸せを願う人になりたい」「相手の深い心の痛みを受け止め、ふさわしい形で支えるという神父様の言葉が心に残った」など記されており、実り豊かな2日間となったようです。

 

茶道体験を行いました。

2019年1月11日 中学校

9年生は、1月10日(木)のHRで、小林聖心の歴史体験・茶道体験を行いました。

アーカイヴでは、Sr.景山の説明を受けながら昔の制服や古い校舎の写真など、学校の歴史に関する様々な資料を見学しました。

お茶室では、講師の先生から茶道の心得やお茶の点て方などのレクチャーを受けつつ、茶道の体験をさせていただきました。お茶室の縁側からは美しい日本庭園が見え、いつもと少し違った和の雰囲気を存分に味わうことができました。お抹茶もお菓子も大変美味しかったです。

奈良・斑鳩方面に行きました。

2018年11月7日 中学校

11月2日(金)、9年生は校外学習で、奈良・斑鳩方面に行きました。

法輪寺でご住職の方にお寺や仏像の由来を伺ったり、法隆寺、中宮寺では事前学習で配布された資料の問題の答えを班で探したりと、秋晴れのもと、生徒たちは奈良の一日を満喫しました。

昼食場所の藤ノ木古墳では、今年も満開のコスモスをたくさん見ることが出来ました。

 

第2回進学ガイダンスを行いました。

2018年9月5日 中学校高等学校

9月1日(土)に、中3以上の保護者を対象として、第2回進学ガイダンスを実施しました。

今回は、大学入試の現状と大学の入試方式について、および本校の進路指導の流れについて具体的にお話ししました。これから特に高校1、2年生は次年度の科目選択に向けて、進路についても情報を集め、考えていく時期を迎えます。ガイダンスが親子で話し合う際の助けに少しでもなっていれば幸いです。

9年生合宿最終日

2018年7月19日 中学校

最終日を迎えた9年生の合宿。今日19日は、3日間お世話になった宿舎を後にして、途中旧街道を散策しながら中山道の馬籠宿へ。生徒たちは活動班ごとに分かれて、お土産を購入したり、思い思いに自由行動の時間を楽しんでいました。

その後、瑞浪市民公園で昼食のお弁当をいただき、解散式を行って、バスで一路宝塚へ向かい、午後4時前に無事に到着しました。

今回の合宿は、信州でもほとんどない位の暑さの中でとなりましたが、木曽駒ケ岳登山や農業体験など、すべてのスケジュールを終えて、9年生黄色の学年がより良い共同体に成長することが出来たのではないかと思います。お世話になった多くの方々に心から感謝いたします。

9年登山合宿3日目

2018年7月18日 中学校

9年合宿3日目の今日は、地元飯田市の産業や文化に触れる一日でした。
まず午前中は、飯田市にある三和観光農園を訪れ、りんごの摘果作業、ブルーベリー狩りの農業体験を行った後、自分たちで摘んだブルーベリーを使ってジャム作りを行いました。昼食には、農園で収穫した夏野菜がたっぷり入ったカレーライスとブルーベリーのソフトクリームをいただいて、生徒たちは大喜び。昨日の登山の疲れも吹っ飛んだかのようでした。
午後からは、宿舎で飯田市の地元産業である水引作りをご指導いただき、皆真剣な表情で2種類の作品に取り組んでいました。

9年登山合宿2日目

2018年7月17日 中学校

昨日から始まった9年生の合宿は、2日目の今日、快晴に恵まれてハイライトである木曽駒ケ岳登山に挑戦しました。

朝宿舎を出発後、バスとロープウェイを乗り継ぎ、2612mの千畳敷カールまで一気に高度を上げ、登山開始。気温も20度近くあり、例年より残雪は少なかったものの、抜けるような青空と色とりどりの高山植物、そして野生のサルが私たちを出迎えてくれました。皆で声を掛け合い、励まし合って、千畳敷から乗越浄土、中岳を抜けて、標高2956mの木曽駒ケ岳の頂上に到着することができました。生徒たちの「ヤッホー!」の歓声が、一人ひとり、そして学年全体の達成感を表しているようでした。

このページのトップへ