小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

2年生図工   チューリップの季節

2016年4月28日 小学校

昨年植えたチューリップが元気に咲きました。子どもたちは青空の下、上から見たり、横から見たり、近づいてみたりしてチューリップの絵を描きました。子ども達は、妖精になったつもりで友だちと遊ぶところを想像し、のびのび描いていました。ワークスペースには、色とりどりのチューリップの作品が鮮やかに咲いています。

 

小学生らしい顔つきになってきた

2016年4月22日 小学校

1年生は、今週から登校時間や授業の時間が2〜6年生と同じになりました。チャイムで行動すること、朝のお祈りを全校児童で唱えること、図書館で本を借りること、20分休みに他の学年と一緒に運動場で遊ぶこと……どれも、1年生にとっては初めてのことで、世界が広がる1週間となりました。

1年生を迎える会では、お姉さんから温かい歓迎を受け、目を白黒させながらも嬉しそうな顔をしていました。入学して2週間、いつのまにかみんな小学生らしい顔つきになってきています。これからの成長が楽しみです。

IMG_7989 2 IMG_8020 2IMG_8131 2 IMG_0269 2

学校探検へ出発!~学校はどんなところかな?~

2016年4月22日 小学校

4月20日(水)子どもたちが楽しみにしていた学校探検が無事に終わりました。1年生は、初めて見る教室や、プールの広さに大興奮でした。2年生は、お姉さんとして1年生に案内するという役割を果たすことができました。「トイレに行く?」「お水飲む?」と1年生を気遣う姿に成長を感じました。今年は特別に、副校長室も見学させていただくことができました。最後のふり返りでは、「副校長室を初めて見ることができて、嬉しかった」というコメントに、ほとんどの児童が大きく頷いていました。充実した学校探検となりました。

    

1年生を迎える会 ~かわいい妹たちが増えました~

2016年4月22日 小学校

4月22日「1年生を迎える会」が行われました。6年生のお姉さんに手を引かれて、ちょっと緊張した顔で体育館に入っていく1年生。花のアーチをくぐると、たくさんのお姉さんたちが拍手でかわいい妹たちを迎えてくれました。お姉さんたちからの歌のプレゼントや、「わからないことはなんでも聞いてくださいね。」「みんながたすけてくれるから心配しないでくださいね。」とあたたかい言葉をもらった1年生は、最後にお礼の気持ちをこめて♪いちねんせいになったよ♪と大きな声で歌いました。6年生に教室まで見送ってもらった1年生は、お姉さんに手伝ってもらいながら、プレゼントされた手書きの時間割表を大事にランドセルにしまっていました。

まだまだわからないことはたくさんあると思いますが、こんなにたくさんのお姉さんが1年生を応援してくれているから大丈夫!これからも毎日安心して登校してきてくださいね。

   

内科検診

2016年4月22日 小学校

4月20日、21日は、午後に内科検診がありました。学校医の先生方に、聴診していただいたり、背骨をみていただいたりしました。待っている間、少しおしゃべりをしてしまう子もいましたが、ほとんどの子は静かに待つことができ、お医者様にもほめていただきました。これからもいろいろな方が見守ってくださっていることに感謝して、みんなが健やかに成長できますように。

ようこそ社会科へ~わたしたちのまちを調べよう~

2016年4月20日 小学校

3年生の社会科の授業が始まりました。身の回りにあるたくさんの「はてな」を調べて、自分たちが住みやすいまちになるように考えていきます。4月20日はお天気に恵まれたので、方位磁針を片手に持ち、屋上から宝塚の町を見渡しました。

「東側には、スーパーが見えたよ!」「あの建物はなんだろう?」「西側には山がたくさんあるね!」多くの気づきがあったようで、初めての社会科に目を輝かせていました。

 

 

高校入学式を行いました。

2016年4月19日 高等学校

 4月7日(木)、高校の入学式が行われました。
 シスター棚瀬の話に続き、学習カリキュラムの説明、高校生活に向けての心構えなどの話をうかがい、新入生達は気を引き締めていました。
 春の雨が降る一日となりましたが、91回生は新たな一歩を踏み出しました。

K104071 K104072

授業参観・全校保護者会

2016年4月18日 小学校

4月18日 1時間目から1年生から6年生までの自由参観を行いました。子ども達が真剣に、楽しんで学ぶ姿を見ていただきました。

2時間目から新しい試みとして全校保護者会、学年保護者会を設けました。たくさんの保護者の方に出席していただき、保護者の方と学校が同じ方向を向いて、共に子どもを育てていることを再認識できるよき日となりました。

   

1 / 212

このページのトップへ