小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

【公開研究会のお知らせ】2018年11月10日(土)

2018年9月1日 お知らせ小学校中学校高等学校

参加申し込みは、こちらから。

概要

本学院はこれまで10年以上にわたり小中高12年間の一貫教育における4-4-4制の授業研究に取り組んできました。従来の6-3-3制では実現し得なかった4-4-4制でのStage(発達段階)の特質、特性に合わせた授業のアプローチを、国語、社会、算数・数学、理科、英語の各授業を通して提案します。

21世紀型学力を志向した各教科のメソッドが校種の枠を越えて展開される姿への、皆様のご意見をお待ちします。

日時2018年1110日(土) 9:15~15:30
場所〒665-0073 兵庫県宝塚市塔の町3-113
小林聖心女子学院 小学校・中学校・高等学校 →【アクセスマップ】
研究テーマ4-4-4制で拓く女子教育 ~伝統の中の新しさ~
授業テーマ対話(entretiens)を通して児童・生徒の変容を目指す授業
後援兵庫県教育委員会
対象教育関係者
参加費無料

内容

全体会各教科における授業研究のテーマやねらいの発表や授業づくりの視点の説明をします。
公開授業4-4-4制ならではの授業を公開します。
分科会教科(国語、社会、算数・数学、理科、英語)別に、公開授業を素材とした成果と課題を検討します。また、参会者全員が考えを出しあう交流の場を提供します。
シンポジウムテーマ:4-4-4制小中高一貫教育における現状と展望

○コーディネーター
 長瀬 荘一先生(前神戸女子短期大学学長・同短大総合生活学科教授)

○シンポジスト(パネリスト)
 杉原 真晃先生(聖心女子大学教育学科 准教授)
 吉河 永子先生(聖心女子学院 中等科主任)
 藤本 雅司(小林聖心女子学院小学校 教務主任)

授業

国語テーマ:言葉による「思考の再構築」と「表現」
 公開授業① 小5「大造じいさんとガン」
 公開授業② 中2「走れメロス」
社会テーマ:同じ時代の多様な女性像から時代を読み解く
 公開授業② 小6「女性と大正デモクラシー」
算数・数学テーマ:自力で発見する算数・数学 ~教えすぎない授業~
 公開授業① 小6「図形の拡大・縮小」
 公開授業② 高1「図形と方程式」
理科テーマ:他者・教材との対話を通して、科学の見方を養う
 公開授業①② 小6「電気と私たちのくらし」(100分授業)
英語テーマ:To discover how to make the language theirs
 公開授業① 小5「比較級、最上級」
 公開授業② 高2「Global Issues」

参加申し込みは、こちらから。

このページのトップへ