小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

Advanced English

2021年2月26日 小学校

今日はAdvanced Englishのクラスがありました。
Advanced Englishは、英語での生活経験がある子どもたちのための英語力保持が目的です。
課題の本を輪読しながら、時々、先生が尋ねます。
What’s “swipe”?
言葉で答えるのが難しい時は、実際の動作で答えます。
笑い声の響く楽しいクラスです。

牧場の動物たち

2021年2月10日 小学校
3階のワークスペースに3年生の図工共同作品が展示してありました。 一人ひとりが卵型の「おきあがりこぼし」に色紙などで作った目や耳やしっぽなどをつけて、動物を作りました。それをグループで一緒に作った牧場の中においてあります。 個性的な動物がたくさんいる楽しい作品です。

読書会

2021年1月28日 小学校

3年生の読書会が行われました。3年生は、読書月間から親しんできた世界の「昔話の語り」に挑戦しました。 12月に村上郁先生をお迎えして、「語り」のすばらしさを知った子どもたちは、自分も挑戦したいと冬休みから練習を始めました。1月に入ってからは、友達と協力して練習を進めたり、お話の背景の国について調べたり、グループで話の魅力を確かめてきました。今年度は、村上先生に来ていただき、読書会の様子を見ていただくことが緊急事態宣言発令に伴い、不可能になりましたが、子どもたちの熱い思いで、オンラインで頑張りを見ていただくことになりました。知らないお話同士のグループなので、緊張も期待も高い中でしたが、語りを聞き合い、国によって違うお話の展開のおもしろさを、いろいろなほかの昔話と比べながら話し合うことができました。 村上先生からも、子どもたち一人一人の語りへの取り組みが宝物になるということを話していただき、とても子供たちも達成感を味わうことができました。さらに、3つの昔話の語りをお聞きし、「昔話の語り」の魅力、さらに人と人とをつなぐ「言葉で伝える」ということの大切さを考えながら、今後も活動していきたいという思いを新たにしました。

消防署見学

2020年12月9日 小学校
12月8日(火)午後、3年生が宝塚市西消防署の見学に行きました。 4グループに分かれ、消防車や救急車を見学したり、消防機材の種類や使い方などについて教えていただいたりしました。 119番の電話は、指令室につながり、救急、消防が連携して現場に早く駆け付けるため、また人々の安全を確保するために、たくさんの訓練や仕事のシフトなど様々な備え、工夫があるということを実際に見せていただき、たくさんの学びがありました。 当たり前と思っている日常を陰で支えてくださる方に感謝しながら、自分たちがどのように過ごしていくことが大切なのか、学びの中でしっかりと考えていきたいと考えています。

「小林聖心の始まり」を学習

2020年11月11日 小学校
3年生はST(ソフィータイム・総合的な学習の時間)に、小林聖心の歴史について学習を進めています。この日はシスター棚瀬校長先生にお越し頂き、「小林聖心の始まり」について学びました。 1923年の住吉聖心を経て、この小林の地に学校を築き、初代の学院長となったマザー・マイヤーが、偉大な方だと改めて学びました。校長先生の優しい語り口によって、まるで目の前にマザー・マイヤーがいらっしゃるかのように子どもたちには思えたようです。 「Big You,small i」という、マザー・マイヤーの遺された教えは、思いやりの心として、今日も学校に、3年生の子どもたちに息づいています。

ソフィタイムでプログラミング

2020年8月25日 小学校
3年生のソフィタイム(総合的な学習の時間)で、コンピューターのプログラミングに取り組みました。「10歩動かす」「音を鳴らす」「10回繰り返す」などの命令を、積み木のように組み合わせて、自分の選んだキャラクターを動かします。 先生に「こわれないから、どんどん試してごらん」と言われて、子どもたちはいろんな命令をあれこれ試します。 そのうちに、分からないことがあっても、周りの誰かから「こうすればできたよ」と教えてもらえるようになりました。

森の妖精

2020年7月17日 小学校
3階のワークスペースに、3年生の図工作品が並んでいました。 「森の妖精」です。 エッグランプを土台に色を付けたねんどを貼って作ってあります。 どこが光を通せばよいか、どんなところが妖精らしいかを考えたようです。

StageⅠ朝礼

2020年2月21日 小学校
StageⅠ朝礼で、シスター棚瀬校長先生から「感謝」についてお話をいただきました。 まず、「ありがとう」を見つけること。電車に乗る時にも、駅の方や運転手さんだけでなく、電車を動かすエネルギーを作ってくださる方への「ありがとう」まで見つけられると、たくさんの「ありがとう」が見つかります。 つぎに、「ありがとう」を伝えること。言葉でつたえる。笑顔で伝える。行動で伝える。いろんな方法で伝えましょう。 こうして、「ありがとう」を見つける名人、伝える名人になりましょう。 お話の後は、みんなで「感謝しようすべて」を歌いました。

3年生読書会 ~世界の昔話を語る~

2020年2月13日 小学校
3年生の読書会が行われました。 日本、世界の昔話に親しんできた3年生。今回は、各自が選んだ世界の昔話を覚えて『語り』に挑戦しました。 保護者の方々にもお越しいただき、『語り』を聞いていただいた子供たちは、とても誇らしげでした。その後の話し合いでも、表現のよかったところ、お話のうまれた国のこと、他の昔話と比べて気づいたことなど、活発な意見交流がなされました。 それから、村上郁先生の『語り』を聞きました。頭の中で情景をふくらませ、豊かなお話の世界にひたりました。 耳で聞いたお話を、想像力をもってふくらませ、じっくり味わうこと。 やわらかな子供の心のひだに刻まれ、その後の成長の基となる大切な時間だと思いました。  

このページのトップへ