小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

応援練習をしました

2021年6月8日 小学校

今朝は、StageⅠ運動会の全体練習で応援合戦をしました。
赤白それぞれのリーダーの音頭で、拍手をしたりウェーブを作ったりしました。
StageⅠ運動会にむけて、子どもたちの気持ちも盛り上がってきているようでした。

StageⅠ運動会の全校練習を行いました

2021年6月3日 小学校

1年生から4年生は今月26日に運動会を行います。
今朝は、開会式と聖心体操の練習がありました。
コロナ禍が始まって以来、4つの学年の児童が集まったのは初めてです。
昨年の運動会はなかったので、2年生にとっても初めての運動会となります。
運動場を広く使って、大きな演技ができるといいですね。

StageⅠ運動会の練習が始まりました

2021年6月2日 小学校

希望 心のバトンをつなぎ、かけ出そう!
~みんなでベストを創り出そう~
~仲間のエールでかがやこう~

こんなスローガンを掲げたStageⅠ運動会の練習が始まりました。
StageⅠだけで、しかも春に運動会を行うという「初めて」づくしの行事です。
成功へ向けて、希望に満ちたものとなりますように。

聖心体操のオーディションを行いました

2021年5月27日 小学校

6月に予定されている StageⅠ運動会での最初の演技となるのが聖心体操です。
聖心体操は、独自に考えられた体操で、それに合わせて作曲、演奏された音楽がついています。
今日は、模範演技をする4年生のリーダー達から、さらに台上で演技を行う一人を決めるオーディションが行われました。
皆、やる気に満ちた表情で取り組んでおり、StageⅠの最高学年としてふさわしい姿でした。

初めての聖書が手渡されました

2021年4月16日 小学校

4年生は宗教の時間に聖書を渡されました。
初めての自分の聖書です。
新しい聖書を手に、小聖堂でマリア様に感謝のおじぎをしました。
女子パウロ会のシスターがすてきな栞をくださいました。

StageⅠ児童会の選挙がありました

2021年4月13日 小学校

本校の12年間一貫教育のうち、1年生から4年生までの4年間をStageⅠとよびます。Stage毎の行事が多くなっていく中、StageⅠのリーダーとなる役員が4年生から選ばれることとなりました。
立候補した子どもたちは、緊張しながらも、一人ひとり自分が考えた学校の姿をみんなの前で演説しました。

Advanced English

2021年2月26日 小学校

今日はAdvanced Englishのクラスがありました。
Advanced Englishは、英語での生活経験がある子どもたちのための英語力保持が目的です。
課題の本を輪読しながら、時々、先生が尋ねます。
What’s “swipe”?
言葉で答えるのが難しい時は、実際の動作で答えます。
笑い声の響く楽しいクラスです。

わたしのチョウ

2021年2月25日 小学校

3階ワークスペースの大きなガラス窓に、ステンドガラスのような作品が飾ってありました。4年生の図工作品です。
ひとつひとつに色鮮やかな蝶が描かれ、明るい外の光を通して羽が光っています。
この作品を作る時の難しいところは、黒い線を残すところだそうです。
真っ黒な板をペンカッターで削って蝶の輪郭と模様をくっきりと縁取ります。
それぞれの蝶は白い校舎と青い空にはばたくようでした。

読書会

2021年1月29日 小学校
4年生の読書会のテーマは、「自分を見つめ直す」、課題図書は、日野原重明著『明日をつくる十歳のきみへ ~一〇三歳のわたしから~』でした。日野原先生の本を冬休みに読んで、心に残った箇所をもとに、本をおすすめするPOPを作成しました。 読書会では、自分が作ったPOPを見せながら、心に残った箇所を紹介したり、自分の経験を語ったりしました。「持つ人生より、なる人生がすばらしい」「新しいことを始めるのに、年齢は関係ない」などの日野原さんの言葉は子供たちの心を刺激したようです。友達のエピソードに「私もある!」などと盛り上がり、時間が足りなくなるくらい語り合っていました。 また、例年なら保護者の方にも参加していただいた読書会。今年は、紙面での参加という形をお願いしました。保護者の方にも、本を読んだ感想や、エピソードを先に書いていただきました。当日は、自分の保護者の書いたものを読み上げ、グループみんなで聴き合いながら、保護者の方の考えから学ぶ時間を作りました。子供たちは、「そんなこと考えてたんだ。」「意外だった。」という感想を持ったようで、来てはいただけませんでしたが、同じ本を読んだ保護者の方の考えに、刺激を受けたようでした。 設定していた50分の時間は、様子を見て60分に延長しましたが、それでも子供たちはまだ語り足りない様子でした。本を通して、友達や保護者とつながり、また刺激をうけて、自分の考えや人生を見つめ直す時間になったようです。

このページのトップへ