小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その116

2021年4月5日 校長室より

色とりどりのチューリップが風に揺れ、子供たちの登校を待っています。いよいよ入学式のシーズンです。今週は、中学、高校、そして、小学校と、入学式が続きます。休校で始まった昨年とは異なる雰囲気ですが、第四波と思しき急速な感染拡大に、心を引き締めての始業となります。予防対策は徹底しながら、児童生徒の活動の幅はできる限り増やしていきたいとの思いを込めたスタートです。
昨日は、主のご復活のお祝い「イースター」でした。自然界が命の輝きに満ち溢れるこの季節、教会では、十字架の死を超えて新しい命の喜びに入られたイエス・キリストが、いつも私たちとともにいてくださるということを祝います。「イエスは生きている!」「イエスは救い主、主キリストだ!」という弟子たちの体験に基づいて、復活の信仰が生まれました。
この「死を超えた新しい命」のメッセージは、パンデミックの恐れと不安を抱える私たち一人一人、そして、現代世界に、どんな意味があるのでしょうか。
思い起こせば、この一年は、大なり小なり、死と向き合った年でした。日々目に留まる、日本や世界で感染した方々の数と、亡くなった方々の数。そして、何とか乗り越えてきた私たちも、日々、何らかの「小さな死」を体験したのです。これまで普通にやっていたことができない、自粛生活で会いたくても会えない、友人や仲間と語り合って楽しくお食事することもできない等、我慢したり諦めたりしたことは、数限りなかったことでしょう。さらに、世界に目を転じるならば、まさに、日々、「死」と向きあっておられる方々のなんと多いことでしょうか。小さな家でひしめき合って生活し、感染予防もままならない発展途上国の人々。コロナに端を発する差別や暴力が高じ、多くの危険に晒されることになった人々等、痛みを覚えます。
「もう終わり」としか思えない袋小路に陥っても、必ずその先へと神様が拓いてくださるのだということを、身をもって示してくださった、主イエス・キリスト。この希望こそが、イースターのメッセージです。今年度も、不安の多い生活は続きますが、希望のメッセージを心に響かせながら、子供たちが命の喜びに与る学校生活を送ることができますように、そして「希望のつくり手になっていけますように」、神様の祝福を祈りながら、新学年度を始めます。

丘の学び舎 その115

2021年3月29日 校長室より

3月もいよいよ残すところ僅かとなりました。ただ3月が終わるというだけではなく、学校の歴史に残る2020年度が終わります。先週末、満開となったロザリオヒルの桜は、昨日の雨ですっかり精彩を失くした感があります。かつては桜といえば入学式という感じでしたが、昨今は、3月末に開花してしまいますので、桜は別れの季節の花のようにも思えてきます。はかなさゆえに美しい桜とともに、学校も別れの季節から出会いの季節へ向かっていこうとしています。
先週の土曜日、学院挙げてのオープンスクールが行われました。昨年度は、新型コロナの影響でオープンスクールが中止となりましたので、2年ぶりの開催です。幼稚園から小学校6年生までの子供たちと保護者の皆様を一堂にお迎えしました。温かな春の光に包まれ、色とりどりの花が咲き乱れるキャンパスで過ごしていただけたことが、何よりでした。
小中高が一つになって学校紹介ができるということは、まさに小林聖心が一つの家庭(home)であることの象徴のようです。1年生~12年生、小中高という12年間の全体像を垣間見ていただくことができるからです。12年間の年齢幅がある児童生徒が同じキャンパスで育つからこそ、様々な出会いがあり、学年を超えた学びが生まれます。小学生の頃、下校途中で困っていたら高校生のお姉さんが声をかけてくれて一緒に帰ったこと。助けた方も助けてもらった方も、一生忘れられない思い出となります。校内で出会ったお姉さんの姿を見ながら、私もあのようになりたいと憧れ、目標を持って努力します。女の子の成長には、この憧れがとても重要な意味を持ちます。同じ制服を身に付け、同じ空気を吸って、様々な出会いを体験する学び舎は、子供たち一人ひとりにとってかけがえのない成長の場です。
関西圏で急激に新規感染者数が増えてきているのが気がかりな学年初めですが、また、新しいドラマが生まれることでしょう。今年度、味わった「何といっても、学校は、子供たちが集まって、顔と顔を合わせて学ぶところ」という実感を大切にしながら、新学年度を迎えたいと思います。

ロザリオヒルの桜

丘の学び舎 その114

2021年3月22日 校長室より

全国的に例年より早い桜の開花を迎えています。ロザリオヒルの桜も、すでに五分咲きといったところでしょうか。春の嵐で散ってしまいませんように。少しでも長く楽しませてほしいものです。
学校では、先週、小学校と中学校の卒業式が終わり、終業の日を迎えました。本当に色々なことがあった一年でした。まだまだ過去形にできない状況が続き、リバウンドが心配される中、新学年度に向かっていきます。
終業の日、中学生と高校生には、放送を通してお話しました。この一年、コロナ禍にもかかわらず無事に過ごせたこと。生徒も先生も創造力を働かせ、できる限り工夫しながら、一緒に学校生活を創り上げることができたことへの感謝を伝えました。そして、こんな投げかけをしました。「今回のコロナの経験がなかったのであればどんなによかったかしら、と思うことはしばしばです。しかし、この経験をただいやなもので終わらせるのではなく、意味あるものにしていく力は、私たち人間に残されています。この経験を意味あるものにできるかどうかということは、私たちがこの経験から何を学ぶことができるか、ということにかかっていると思います。春休み少しゆっくりとした時間を過ごす中で、自分はこの一年の経験から何を学んだのかということを、是非、思いめぐらしてみてください。」と。
この日の夕方、一人の8年生からの感謝の手紙が校長室に届きました。「休校の後、少しずつ学校生活は戻ってきたものの、この一年は日常が非日常と化し、通常とは程遠い、1年前に自分たちが思っていたものとは全く違う学校生活になりました。」しかし、「『非』日常であるからこそ日常では気づくことのできない物事にたくさん気づくことができた1年だったと思います。」と綴られていました。中でも一番大きな気づきは、「一日一日を丁寧に過ごす」ということだったそうです。8年生の深い気づきに感銘を覚えずにはいられませんでした。
このような気持ちで一年を終えようとしている生徒がいることはとても嬉しいですし、きっとどの生徒も一人ひとり、何かを学んで成長した一年だったことでしょう。子供たちのさらなる成長を心から楽しみにしながら、新学年度に向けて準備していきたいと思います。

 

 

中学校卒業式

丘の学び舎 その113

2021年3月15日 校長室より

3月も半ばを迎えました。いつもこの頃になると、小学校からたくさんの手紙が届きます。一年の感謝を伝える小学生の手紙です。先週の金曜日、児童会の代表が校長室に届けに来てくれました。感謝の花束や私と思しき人物がイラストとして描かれている一枚一枚を眺めながら、今年も楽しみに読ませていただきました。子供たちの表現力にはいつも感心させられます。思わず笑えてきたり、ジーンと胸が熱くなったりして、感謝されるどころか、こちらが元気をもらって、「ありがとう」といいたくなる手紙です。
今年は、コロナのことがあったからでしょう。「私たちが健康で安全に過ごせるよう祈ってくださってありがとうございました。」という感謝をたくさんもらいました。「いつも学校のために、私たちの知らないところで働いていてくださって、ありがとうございます。」とか、高学年の児童からは、「感染症対策やどうすれば行事などを開催できるかを考えてくださって、ありがとうございました。」というような言葉もありました。私としては務めを果たせていたということでしょうか。「これからも学校をよろしくしくお願いします。」と締めくくられている手紙の数々。小さい子供たちは「これからもがんばってください。」と励ましてくれます。
今年度も残り少なくなってきました。この一年、コロナに翻弄される日々、神様が私たちと共にいてくださったことを感謝します。不安の多い社会、色々な制約がある中で、児童・生徒にはできる限り安全、かつ、豊かな一年を送ってほしいという思いで努めてきました。学校で仲間と出会い、一緒に学ぶことの喜びを知った一年であることは確かでしょう。まだまだ「コロナと共に」は続きますが、こうした時代の中で、小中高生一人ひとりがしっかりと地に足をつけて学び、希望を持って前に進んでいけるよう、先生方と共に力を尽くしていきたいと思います。そして、何よりも、児童・生徒の幸せと成長を、祈り続けたいと思います。

丘の学び舎 その112

2021年3月8日 校長室より

今年も3月11日が巡ってきます。あの未曾有の東日本大震災から10年です。様々なメディアを通して、被害にあわれた方々の思いを読ませていただいています。10年経ったからこそ語れるようになった、深い深い悲しみが伝わってきます。
10年前のあの日。出張から戻り、みこころ坂を上っていた私は、上から降りてこられた先生に「シスター、東北で大変な地震と津波です。」と声をかけられ、ただならぬことが起こったことを知りました。学校に戻ってテレビを見た時の、この世のものとは思えない映像に、言葉を失いました。あの時、あの映像の奥で、どれほど多くの方々が、日常を襲った突然の悲劇と闘っておられたのでしょう。何十年経っても、語りつくすことのできない思いを、ただそっと聴かせていただくことしか、私にはできません。「東日本大震災を忘れない。」この教訓を、今年、改めて心に刻みたいと思います。
ところで、最近読んだ報道の中でも、2011年3月11日生まれの9歳の女の子の記事が忘れられません。曾孫の誕生を心待ちにしていて、その日会いに来るはずであった曾祖母は津波で命を失くしました。お祖母ちゃんに会えなかったことが悲しくて、女の子は、今でも時々、布団の中で一人泣いているのだそうです。自分の誕生日は、「いろんな人が亡くなっちゃった日だから、少しだけイヤ。」という言葉が、いつまでも心に響いています。一人ひとりの命の重みと、それを生き抜くために耐えなければならない悲しみの数々。人間は、皆、大なり小なり、この両方を抱えながら、一歩一歩、歩んでいくのでしょう。9歳の女の子から、学びました。
この一年は、違った意味で、世界中の人々が生きることの辛さを味わっています。長いトンネルの中を歩いているような日々です。しかし、潜り抜けた先に待っている光を信じ、命をくださった方に限りない信頼を置いて、一歩一歩、進んでいきたいものです。春はそこまで来ています。

丘の学び舎 その111

2021年3月1日 校長室より

2月は一気に逃げていきました。梅の花が満開のロザリオヒルでは、鶯の声が響いています。麗らかな春の到来です。緊急事態宣言は解除されましたが、この一年の教訓をもとに一層気を引き締め、希望をもって今学年度を終えられるよう、よい学年末にしていきたいと思います。
学年締めくくりのこの時期、小学校でも中高でも、学習の成果を発表する機会が様々設けられています。小学校では密を避けて分散の形となりましたが、保護者の皆様に授業を参観していただくことができました。帰り際に保護者の方が、「今年は、学校での様子をあまり見ることができなかったので、今日は本当に良かったです。子供がとても成長したのがわかりました。」と嬉しそうに帰っていかれたのが何よりでした。私も嬉しくなって、「子供たちは色々なことを通して本当に成長していますよ。ご安心ください。」と申し上げました。
学校教育の使命は、子供たちがよりよく成長するよう導くことです。学習も、行事も、課外活動も、一日の生活のすべてを通して、子供たちが学びを通して成長するよう働きかけるのです。聖心女子学院では、この十数年、世界中の姉妹校が一体となって、「変容をもたらす教育(Transformative Education)」に取り組んでいます。聖心の教育の本質は、「変容」といえる成長を一人ひとりの子供たちにもたらすことといっても過言ではありません。学校という場で、自ら学び、共に学ぶことを通して、自然や文化や社会にふれ、新しい世界と出会い、学ぶ喜びや生きる喜びを身に付けていきます。学びが人格や生き方に繋がること、知的成長が、命の喜びにつながるよう導くところに、「変容」を見出すことができます。そして、人間の力だけによって人が成長するのではなく、創造主である神の創造の御業によって、人は終わりの日まで成長し続けるのだという確信が、「変容をもたらす教育」には込められています。
この一年、コロナ禍にあっても、神様は子供たちを、そして、教育に携わる私たち教育者を導き続けてくださったことに感謝します。

丘の学び舎 その110

2021年2月22日 校長室より

三寒四温という言葉がそのままあてはまるような一週間でした。着実に自然界は春に向かっています。ついていくのが大変なのは、人間の身体だけでしょうか。学校は2月下旬を迎え、いよいよ学年末です。2ヵ月ほぼ休校という異例な学年初めで、コロナ対応に奔走しているうちに、あっという間に一年が過ぎてしまったというのが実感です。しかし、児童生徒は、大人が思う以上に社会の変化を敏感にキャッチしながら、例年とは異なる経験を通して学び、成長したに違いありません。
小学校では、感謝週間を迎えています。子供たちは、毎年この時期、沢山の感謝を見つけて過ごします。見えないところで学校生活を支えて下さった方々、友達、先生、そして、すべてを与えてくださっている神様への感謝です。その気持ちを手紙に書いたり、行動で表したりします。教室や、学校で使った様々な物に対する感謝の気持ちも大切です。ピカピカ大作戦で一生懸命心を込めてお掃除します。これらができたら、花びらを一枚ずつ貼り、大きな感謝の花を咲かせようとしています。
この時期になると思い出す詩があります。河野進牧師さんの「ただ」という詩です。
「もっとも大切なものは   みな ただ    太陽の光    野や山の緑    雨や川の水    朝夕のあいさつ    神への祈り    そして母の愛」 
ものの価値を「○○円」と置き換えて考ええることに慣れてしまっている現代人にとって、「ただ」はそれ程大事でないもの、と響くのかもしれません。この詩は、そんな私たちに、 「ただ」ほど大事なものはない、有難いものはないということに気づかせてくれます。自分が素晴らしいわけでも、あるいは自分がしたことへのお返しとして、与えられるのではありません。何もしていない、何でもないこの私に、無償で与えられているもの、あるいはその私が無償で人に与えることができるものが、全部、最も大切なのです。
この一年間、新型コロナウイルスに翻弄されただけで、感謝することは何もないと片づけてはなりません。むしろ、普段、見過ごしていたたくさんの「ただ」が、身に染みた年だったのではないでしょうか。私も子供たちと一緒に、そんな「ただ」への感謝を数え上げながら、今学年の最後を過ごすことにします。

丘の学び舎 その109

2021年2月15日 校長室より
先週の土曜日、感染予防対策を講じた上で、高校卒業式が挙行されました。例年より規模を縮小し、歌も歌えない卒業式でしたが、とてもよい卒業式でした。特に、今年度は、全く想定外の状況の中で高等学校最高学年を過ごした12年生を送り出すのですから、万感胸に迫る思いでした。 「その学校がどういう学校かは卒業式を見ればよくわかる」と、ある経験豊かな先生から伺ったことがあります。式の中で行われること、歌、式辞や謝辞、送辞、そして何よりも卒業生の佇まいに、その学校が大切にしているものが表れてくるからでしょう。いわゆる「学校の空気」がそのまま表れる場が卒業式なのです。小林聖心の卒業式は、何といっても、「おごそか」という言葉があてはまるのではないでしょうか。呼名での「はい」という声。立ち座りの音と、語られる言葉の響き、そして、通常であれば、在校生と卒業生それぞれの歌声。聞こえてくるのはそれだけです。他には何もない、卒業式に必須な要素しか入っていません。シンプルといえばシンプルです。飾り気や情感が抑えられ、ピンと張りつめた空間の中に、何ともいえない穏やかで温かな空気が流れるのです。その場に身を置いて初めて実感できる空気かもしれません。 私の知る限り、長年、校長式辞の最後は、「小林聖心は皆様の母校であり母港(母なる港)です。立ち止まりたくなった時には、両手を広げて待っていてくださる『イエスのみこころ』を思い出し、どうぞ帰ってきてください。」という言葉で締めくくられます。生徒たちがこの学校を去る時、あの「みこころのご像」のように先生方が自分をまるごと受け止めてくれた、という経験とともに巣立っていってくれることを願ってやみません。この思い出さえあれば、「一人ひとりが神の愛を受けたかけがえのない存在であることを知り、世界の一員としての連帯感と使命感を持って、より良い社会を築くことに貢献する賢明な女性」に、必ず成長していくことでしょう。 今年もそんな願いを込めて、112名を送り出しました。今年度の目標通り、「希望のつくり手」となって、世界へ広がっていきますようにと願いながら・・・。

丘の学び舎 その108

2021年2月8日 校長室より
日本で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから、すでに一年が経過しています。一年前には想像できなかった生活の変化です。学校も大きく様変わりしました。中でも、この一年、海外での体験学習や語学研修が一切できなかったことは、かなりの痛手です。たくさんの生徒が無念な思いを味わいました。 しかし、今の時代、現地に行けなくても、様々な工夫が可能です。後期からは、オンラインでの海外の生徒との交流がどんどん始まっています。もともと聖心女子学院は世界140校以上の姉妹校を持っていますし、長い間友情を育んできた準姉妹校もありますので、すぐにやり取りが始まりました。依然として授業が再開されていない国の生徒は、自宅から参加してくれています。日本の生徒も相手校の生徒も、さすが映像に慣れている現代っ子。オンラインのやり取りは、あまり違和感がないようです。驚く程自然に、初めて会った同世代と打ち解けています。 昨年の秋から数えると、まずは、11月にフィリピン体験学習参加予定の10年生~12年生が「SMSF(聖マグダレナ・ソフィア基金)」のスタッフの方々と交流。この1月に入ってからは、進学先の決まった12年生がインドネシアの日本語学科の大学生と交流。続いて、7年生は英語の授業の一環として、30年以上親交のあるフィリピンの聖テレサ学院の中学生と交流をしました。7年生は引き続き、台北聖心女子学院の中学生と交流することになっています。台北聖心女子学院には小学校もありますので、両校の小学生も12月に交流会を実施し、また2月末にも予定しています。 先週の土曜日は、9年生から11年生の希望者が、インドの公立高校の生徒と交流しました。互いに自己紹介をした後、「コロナ禍における日々の生活の様子」や「社会問題(人種差別や貧困問題等)」について、意見を交換していました。インドの生徒たちも、ステイホームが強いられる中、様々な心の葛藤を経験しながら、現実を受け止めて前向きに生きようとしていることが伝わってきました。 しばらくはこうしたオンラインの国際交流が続くことになるでしょう。一緒に仲間に入って画面を見ていると、確かに新しい世代の地球市民が育っているのだという頼もしい気持ちになってきます。

このページのトップへ