小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その126

2021年6月14日 校長室より

先週は真夏日続きで、熱中症の警戒レベルも上がっていました。感染症と熱中症、両方のリスクを抱えての夏となりそうです。
先週の木曜日、グラウンドでStageⅢの球技大会を観戦していた時のことです。グラウンドと小学校校舎の間のテラスに並んだ、朝顔や夏野菜のポットが目に付きました。小学校1年生が生活科の一環として育てているものです。一つひとつのポットには育て主の名札がついています。1年生が出てきて、一生懸命、自分の朝顔のスケッチを始めました。形や色をよく観察して描いています。もう一つのクラスは、お水やりに出てきました。日差しが強い日でしたので、朝顔も嬉しそうです。小さな袋から肥料を取り出すと、ポットの土の中に、丁寧に散りばめていました。
「これ私の・・・」「〇〇ちゃんの大きいよ」等と、口々に教えてくれます。子供たちは皆、葉っぱの両面を指で触っては、「つるつる」とか「ふわふわ」とか言っています。どうやら、葉っぱに触って、その感触を言葉で表現するのが課題のようです。私も一緒に触ってみました。朝顔の葉っぱをこんな風に触ってみるのは、小学生の時以来です。確かに双葉を触ると「つるつる」しているのですが、本葉を触ってみて驚きました。繊細な毛のようなもので葉っぱの表面が覆われていて、「チクチク」とまではいきませんが、「ざらざら」と「ふわふわ」が混ざったような不思議な感触です。自分の感じていることをそのまま表せる言葉を探すのは、意外と難しいものだと感じさせられました。
あの日感じ取った感触と、表現してみた言葉は、一人ひとりの子供たちの学びの旅において、これからどのように展開されていくのでしょうか。そのことを考えると、教育の無限の可能性と同時に、責任を感じずにはいられません。
1年生の朝顔が並んだテラスの向こうでは、12年生が、2年ぶりの、そして、小林聖心で最後の球技大会を楽しんでいました。あと一年足らずで、それぞれの未来に向かって旅立っていく生徒たちです。1年生の11年後の姿を想像しながら、一日一日、確実に学びを積み重ねていけますようにという願いを込めて、1年生との会話を楽しみました。

丘の学び舎 その125

2021年6月7日 校長室より

移行期間を経て、児童・生徒全員夏服に衣替えとなりました。学校中が爽やかな水色で溢れ、紫陽花の色とも調和して、梅雨空に映えています。6月は、「水無月」。「水無月」とは水が無いのではなく、「水の月」を意味すると考えられるようです。「水の月」に相応しい水色の制服です。
ところで、学校では例年この時期にプール開きを行いますが、昨年に引き続き、新型コロナ感染症予防のため、水泳の授業は行わないことになりました。とても残念ですが、まだまだできないことがたくさんあります。プール開きの時には、いつも児童生徒がプールの周りに集まって、命の源である水に親しむ機会を頂いたことへの感謝とともに、安全に水泳を楽しむことができるよう、神様のご加護を願って祈ります。そして、プールに満ちあふれる澄んだ水を眺めながら、安全な水が手に入らない国々の方のことを思い、祈りを捧げるのです。
ユニセフの報告によれば、2017年時点で、世界では22億人が安全に管理された飲み水を使用できず、このうち1億4,400万人は、湖や河川、用水路などの未処理の地表水を使用しているとのことです。水の問題は、教育の問題にもつながります。特に、女の子の教育です。家族のための飲み水や生活用水を確保しなければならない女の子たちは、片道1〜2時間かけて水源と家の間を往復し、水汲みに明け暮れる毎日です。学校へ行くどころではありません。
SDGs(持続可能な開発目標)の6番目「安全な水とトイレを世界中に」は1~5で取り扱う貧困や飢餓、健康や教育、ジェンダー平等と切り離して考えることはできません。そして、どの目標においても、弱い子供たち、とくに女の子が置かれている立場に、もっと目を向ける必要があります。
小林聖心の児童生徒が世界の水問題に関心を持ち、自分と同じような女の子が抱えている現実を知って、何らかの形で応えていくことができますように。「水の月」にあたり、私も意識して過ごします。

丘の学び舎 その124

2021年5月31日 校長室より

今日で5月が終わります。マリア様を彷彿とさせる新緑の月、「マリア様の月」も終わります。小学校では先週の金曜日、聖母奉冠式が行われました。プラクティスの期間中、聖母マリアに倣って積み重ねた祈りや行いを花の冠に託し、マリア様にお捧げしました。児童全員が集まることはできませんので、奉冠の様子がテレビを通して各教室へ届けられました。
ところで、聖心女子学院は学校の名前が示す通り、子どもたちが「イエスの聖心(みこころ)」の愛を知り、みこころに倣って生きることを学ぶようにという願いを込めて設立された学校です。しかし、マリア様の心もとても大切にしています。母と子の心が近いように、聖母マリアとイエス・キリストの心は一つだからです。マリア様は私たちの祈りをイエス・キリストに取り次ぎ、一緒にお願いしてくださる方です。創立者聖マグダレナ・ソフィアが若い時に作った刺繍の作品には、「イエスの聖心(みこころ)」と「マリアの御心(みこころ)」がぴったりと寄り添ってるのがわかります。、聖心会と聖心女子学院の紋章にも、この二つの心が描かれています。燃える炎のような愛に満ちた「イエスの聖心(みこころ)」と「マリアの御心(みこころ)」、その両方への信仰が聖心女子学院の根底をつくっているといえます。シスターたちが身に付けている十字架にも、表には「イエスの聖心(みこころ)」、裏には「マリアの御心」が刻まれています。
「私たちの お父様である神様、あなたのお望みを すっかり果たされたイエス様にならって、私たちも 今日一日中、自分のつとめを 一生懸命に果たし、みんなのためにつくすことを マリア様とともに おささげいたします。」これは小学生が毎朝唱えているお祈りです。マリア様に助けていただいて、イエス様に倣って生きることができますようにという願いを込めてこの祈りを唱える度に、創立者の思いが汲み取られた祈りの伝統を感じずにはいられません。「マリア様の月」に続いて、いよいよ、明日からは「みこころの月」が始まります。

丘の学び舎 その123

2021年5月24日 校長室より

明日5月25日は、聖心女子学院の創立者聖マグダレナ・ソフィア・バラの祝日です。先週の金曜日にお祝いすることになっていましたが、あいにくの警報で家庭学習となり、学校で予定されていた行事はできませんでした。昨年に続き、残念でなりません。200年以上の時を超えて、世界30ヵ国140以上の姉妹校で創立者を祝い続けているということは、本当に驚くべきことです。創立者のことを知れば知るほど、慕われるだけの魅力を感じずにはいられません。
アフリカのコンゴ民主共和国、キンシャサの学校から、写真とともにお便りが発信されています。例年は、聖マグダレナ・ソフィアの祝日を盛大に祝っているのだそうです。まずはごミサで祝い、その後、お食事や歌やダンスがあって、皆で楽しい時を過ごすようです。しかし、今年は新型コロナのことがあって、小さなお祝いになるとのこと。どこの国でもお祝いは縮小で淋しい限りですが、創立者はこの世界の状況に心を痛めながら、見守り続けていてくださることでしょう。
「私の心にはいつも二つの炎が燃えています。イエスの聖心(みこころ)に対する愛の炎と子どもたちに対する愛の炎です。」という創立者の言葉が残されています。この二つの愛の炎が聖心女子学院をつくり、やがて世代を超え、国を超えて、受け継がれてきました。どの聖心の学校で学ぶ子どもたちも、受け継いだ愛の炎をそれぞれの魂の奥深くで燃やし続け、頂いた自分の命を、周りの人のため、社会や世界のために喜んで使いたいと、使命感を持って飛び立っていってほしいものです。そんな女の子でこの世界を一杯にしたいという一人の女性の大きな夢が、聖心女子学院をつくりました。
同じ愛の炎を受け継ぎ、ポストコロナを拓いていく仲間が世界中にたくさんいるということを忘れずに、今年も世界中の子供たちと心を合わせてお祝いします。

丘の学び舎 その122

2021年5月17日 校長室より

例年より3週間程早い梅雨入りのようです。近畿地方も梅雨に入ったとの発表がありました。大雨の心配な季節の到来です。
最近、学校のキャンパスでは、タブレット端末やタブレットPCを抱えて歩く児童生徒の姿をよく見かけるようになりました。情報端末が文房具の一つとして定着した感があります。今年度から小学生一人一台のタブレット端末が完備されましたので、1年生から12年生まで、すべての児童生徒が情報端末を持って勉強していることになります。
3年前に中高で一人一台のタブレットPCが始まった時、「これからの子ども達はICTと関係なく生きることができません。情報端末は文房具の一つです。学校のねらいは、賢く判断し、正しく、有効に、安全にICT使える人を育てることです。」と保護者の皆様に説明したのを思い出します。まずは、大人の意識を変える必要がありました。
学校教育におけるICTのイメージをすっかりと覆してくれたのは、昨年のほぼ3ヶ月に及ぶ休校の体験でした。感染症との闘いという思いがけない出来事が教師の意識を変え、オンライン学習を学校生活の一部に変えてしまったのです。望みもしない、未曾有の体験が、学びのスタイルに新しい可能性を拓いてくれました。対面で出会えない、密になれない、そんな状況を乗り越えるためのICTを利用した工夫も、次々と学校の中で展開されていきました。
小林聖心のICT教育の根本にあるのは、「思考力」を育てるということです。振り回されるのではなく主体的にICTを活用し、より深く考えたり、考えたことを表現したり、友達と共有したりするために使います。そして、何よりもデジタルが進めば進むほど、アナログを大切にする必要があります。その両者を使い分けることができる力を身につけることは、学校教育においてとても大切であると考えています。

丘の学び舎 その120

2021年5月3日 校長室より

4月30日、5月1日は、中高の学院祭でした。といっても三密を避けなければならない状況ですので、オンラインとリアルを並行して行われました。小林聖心始まって以来、初めての、オンライン学院祭です。もちろん、人が集まって、「リアル」に見たり聞いたりできるにこしたことはありません。しかし、生徒たちの創意工夫とエネルギーで実現したオンラインは見事でした。スクリーンの奥には、無限の可能性が広がっているようでした。ICTの技術はもとより、中身の豊かさに、感心させられました。
今年、コミティが掲げたモットー「Reaction」には、「反応すること」と「再び行動すること」の二つの意味が込められています。創立100周年を目前に控え、小林聖心の生徒としてのあるべき姿に向かって応えること。また、コロナの体験を踏まえて再び立ち上がり、行動したい、という思いを表現しています。この、反応したり、再び行動したりするために大事なことは、そもそも何かの呼びかけがあるということでしょう。生徒たちはいったい何に応えて行動しようとしているのかを見つけたいと考えていました。そして、学院祭が終わった今、わかってきました。「希望のつくり手でありなさい」という神様からの呼びかけに、生徒は応えていたのです。コロナ禍にあって、思い通りにできないことが多々ある中、クラブ、企画、教科等の発表の中で、今できることに喜びを感じながら創造的に表現しようとしたこと。そこには希望があふれていました。未来を拓く子供たちの姿が見えてきました。
昨年、学院祭の中止を、涙を呑んで受け止めた93回生。その生徒たちが実現できなかった「sprout」(芽を出す、新芽)というモットーを思い出します。昨年があって、今年がある。今年のコミティは、昨年の生徒の無念さも引き受けて、新しい命の芽を生えさせたくれたのではないでしょうか。まさに小林聖心98年の歴史の1ページに残る学院祭でした。

丘の学び舎 その119

2021年4月26日 校長室より

初夏を思わせられる陽気となってきました。このところ、どんどん春が短くなっているように感じます。これも温暖化のせいでしょうか。
毎朝の私の楽しみは、校門から校舎までの坂道を歩きながら、ちょうど登校してくる小学生と話をすることです。先日、前を歩いているグループの話を聞いていると虫の話でした。声をかけてみると、どうやら3年生のようです。「みんなダンゴムシが大好きで、一杯集めて遊ぶ」とのこと。そして、その中の一人が、「ダンゴムシを飼っていたんだけれど、死んでしまった・・・」と残念そうに呟きました。ダンゴムシを飼うという発想のなかった私は、新鮮な感動を覚えました。
小林聖心には、堤中納言物語「虫愛づる姫君」を彷彿させる女の子が沢山います。学校敷地内のロザリオヒルは生き物と出会う格好の場で、「春みつけ」「秋見つけ」のみならず、生活科の一環として度々出かけ、植物、昆虫等に触れることができます。ロザリオヒルだけではありません。森の中に佇むような校舎では、授業中、様々な鳥のさえずりに、思わずうっとりすることがあります。小林聖心では、自然はいつも身近です。
理学博士で生命誌研究者の中村桂子さんは、著書「『ふつうのおんなの子』のちから」の中で、「『人間は生きものであり、自然の一部である』という事実を大切にする社会であってほしいと願ってきた」と仰っています。そして、「ふつうのおんなの子」は、本質的に弱さを抱えた生きものである人間を受けとめ、生かすことができる力を持っており、21世紀は、そういうおんなの子の考え方が大切にされる社会になっていくのではないか、と述べておられるのがとても印象的です。
小学生の頃、あれほど虫を愛でていた子供たちが、中学生になると、急に虫を避けるようになります。それも、自然な成長のプロセスなのでしょう。しかし、小さい頃に虫を愛でた体験が、「人間という生きものを大切にする社会」の実現に向けて力を発揮する準備となりますよう、願わずにはいられません。

丘の学び舎 その118

2021年4月19日 校長室より

チューリップにツツジ、こてまり、そして筍。こうしたキャンパスの自然を眺めていると、昨年の今頃のことが蘇ってきます。子供たちの姿が全く見られない4月でした。早いもので、あれからもう一年です。
通常の学校生活が始まっています。1年生や7年生にとっては、新鮮な学校生活です。毎日のように、「初めての〇〇」というような出来事が続きます。先日小学校の廊下を歩いていたら、1年生が列を作り、静々とお行儀よく保健室に向かって歩いています。何があるのかしらと覗いてみると、身長と体重の測定でした。真剣な顔をして、先生の指示に従い、順番に計っていただいていました。この小さな子供たちが、やがて、12年生のような一人前の女性に成長していきます。
今年の12年生は、私が校長になった年に小学校に入学した学年です。私自身、初めての小学校入学式で迎えた子供たちが、今は立派な12年生になっているということに、感慨深いものがあります。
その12年生の宗教の授業で、「私とキリスト教」とか、「私と祈り」「私と聖書」といったテーマで、一人ひとり分かち合いをしています。毎年、12年生の分かち合いを聞くのはとても楽しみです。そして、一緒に過ごしてきた仲間の心からの分かち合いに、級友は一生懸命耳を傾けています。日頃、簡単には話題にしないテーマばかりで、こんな機会でもないと改まって話せないでしょう。互いに、「こんなことを考えているのだ」と感心しながら、全身で聴こうとしている姿にも感動します。いずれの分かち合いも、小林聖心という学校で育ってきたからこそ話せることばかりです。日々、目にしたり、耳にしたり、感じ取ったり、そして、体験したり、考えたりして積み上げてきたものが、一人ひとりの魂の深い部分をつくりあげているようです。
今年の1年生もきっと素敵なお姉さんになることでしょう。楽しみに、見守っていきたいと思います。

丘の学び舎 その117

2021年4月12日 校長室より

先週は、小・中・高それぞれの入学式が終わり、1年生~12年生揃っての学校生活が始まりました。色とりどりの花が咲き誇るキャンパスは、新しい命の輝きに満ちています。
しかし、コロナをめぐる情報は、感染拡大の一途を辿っています。緊張の伴う学年初めとなりました。今年度も、予防対策を徹底しながら、生徒の活動の幅はできる限り狭めないよう努め、よい一年にしていきたいと思います。
ところで、今年度の小中高の重点目標は、昨年度に引き続き、「Be Artisans of Hope希望のつくり手でありなさい」です。コロナ禍にあって、世界中の聖心女子学院と心を合わせ、希望の種を蒔くことができるよう、取り組んでいきたいと思います。
教皇フランシスコがパンデミックに際して、唱えられた祈りを中高「始業の日」の話で引用しました。「父なる神が皆さんを祝福し、その愛で満たし、守ってくださいますように。くじけずに立ち続け、失望せずにいられる力、希望する力を与えてくださいますように。」 『 くじけずに立ち続け、失望せずにいられる力、希望する力』という言葉に、強い感銘を受けました。確かに私たち人間は希望を抱くために力が必要です。失望するのはとても簡単ですし、希望が持てない理由をあれこれ並べて、ため息をつくことも簡単です。希望など、いったいどこにあるのかと思いたくなるようなコロナ禍にあって、失望せずにいられる力は神様からいただかない限り、自分からは沸き起こってこないように感じます。
私たちが経験することには、たとえすぐにはわからなくても、必ず意味があります。どんな経験からも何かを学ぶことができ、その学んだことから、必ず、新しい何かを神様が見せてくださいます。そこに希望があるのではないでしょうか。
今年度、生徒も先生も心を合わせ、『くじけずに立ち続け、失望せずにいられる力、希望する力』を祈り続ける一年にしたいと思います。そうすれば、学院全体が「希望のつくり手」となっていくことができるでしょう。

このページのトップへ