小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その176

2022年6月27日 校長室より

先週は、1年生~12年生まで全学院挙げて、「みこころの祝日」をお祝いすることができました。創立者の祝日と並んで、大きなお祝い日です。創立者が模範と仰いだイエスの聖心(みこころ)に少しでも倣うことができるよう、それぞれの学年らしい奉仕の体験を積み重ねる日です。12年生はそれらの集大成として、各自の体験を振り返り、分かち合いながら、「共生」について考え、話し合う時を持ちました。
この2年余り、コロナのために、学校から外へ出かけて行って、実際に奉仕の体験をするということは難しくなっていました。それでも、現代ならではの新しい取り組みも生まれてきました。困っておられる方々、助けを必要としておられる方々のために何かの形で行動する可能性は、どんな状況の中でも、創造的に生み出していけるものなのだと気づかされます。
生徒たちには、聖心女子学院世界共通のロゴ「Open Heart」について話をし、イエスの聖心(みこころ)について考える機会としました。イエスの聖心(みこころ)は閉じたハートではなく、片側があいています。自分のことだけで充足している心ではありません。自ら開いて出ていき、他者に向い、他者と共に生きる心の表れです。一方、他者を受け入れる姿勢でもあります。「私のところに来なさい」と両手を広げて待っていてくださるイエス様のように、他者を迎えて、共に生きる心の表れです。
その心の開いたところに、十字架の印が付いています。心を開いて他者に向かう時も、他者を受け入れる時にも、痛みが伴うことを意味しています。イエス様が十字架上でご自身を捧げられたように、徹底して開いていこうとすると、人間的な痛みを避けることはできないのでしょう。
日常における周りの人々との関わりにおいても、また大人になった時のより広い人間関係においても、地球市民である「みこころの子供」として「Open Heart」を生き、「希望のつくり手」となってほしいと願った「みこころの祝日」でした。

丘の学び舎 その175

2022年6月20日 校長室より

先週の土曜日は、stageⅠ(1年生~4年生)の運動会が行われました。梅雨入りした先週は、お天気がぐずつき、本番はどうなるかと心配されましたが、無事に行うことができました。程よい曇り空で、この時期としては、有難いお天気でした。
競争もダンスの演技も、子どもたちは一生懸命でした。赤組も白組も精一杯戦った結果、最後はとうとう同点になってしまいました。優勝杯を受けに来た赤組・白組の代表が、幸せそうに微笑みながら、二人並んでカップを一緒に手にしました。
昨年から始まったStageⅠ運動会。何よりも4年生の姿が立派です。最高学年として、今年も下級生をリードし、きびきびとした動きで、運営に当たりました。真剣な表情で自分の務めを果たした4年生は、きっと、今日の運動会を通して一回り成長し、自信をつけたことでしょう。
さらに、毎年、感動するのは、子どもたちのダンスです。つい3か月前まで幼稚園生だった1年生が、長いダンスのふりを覚えて、一人ひとりしっかりと踊りながら、一つの群れになっています。嬉しそうな表情が何よりです。2年生は、かわいいツバメになって、伸びやかに運動場を飛び回りました。なめらかな腕の動きと、手の表情が、まさにツバメでした。3年生は、フラフープを使ってのダンスに挑戦しました。フープそのものを扱うことが難しい上に、それをダンスに取り入れることは、簡単ではなかったと思いますが、美しい動きを見せてくれました。4年生は、はっぴを身にまとい、元気一杯、力のこもったキレのあるソーラン節を披露しました。さすが、4年生になるとこれだけの動きができるのだと感心させられました。
今日のスローガンのように、力を合わせて挑戦し、心を一つに、一人ひとり、輝くことができました。観戦していた私自身、さわやかな元気をいただいたStageⅠ運動会でした。

丘の学び舎 その174

2022年6月13日 校長室より

先週で中高の中間試験が終わり、試験明けの木曜日、StageⅢは球技大会、7・8年生はドッヂボール大会で、楽しい時を過ごしました。StageⅠは、今週土曜日の運動会に向けて、毎日元気に走ったり、踊ったり、準備に余念がありません。熱中症に注意しながら、行事に取り組める嬉しさを体全体で味わっているようです。
小林聖心の伝統の一つに、中学生、高校生それぞれの通用口に書かれた言葉があります。聖書の一節、著名人のことば等、登下校の際、必ず目にする言葉です。生活指導主任の先生が書いておいてくださいます。生徒たちは、何気なく通り過ぎているようですが、意外と読んでいるのだと思わせられることが度々あります。大人の方も、通る度に読み直し、味わっています。
先日、中学校の通用口に、こんな風に書かれていました。「紫陽花の色 よくみてごらん 似ているようで似ていない 似ていないようで似ている 美しいね」先生のオリジナルだそうです。こんな言葉が添えられています。「一つ一つの花びらは、一つ一つの個性があって、でも一つの花として調和がとれています。あなたの学年、クラスもそうであって欲しいです。」
「似ているようで似ていない、似ていないようで似ている。」先生の言葉を何度も心の中で、繰り返してみました。
紫陽花の花は、まるで聖心の教育が大切にしている、個と集団(共同体)を表しているようです。一人ひとりの独自性があってこそ、共同体は可能であるというのが、キリスト教の考えです。同調圧力でまとまっているだけということでは、本当の共同体とはいえないのでしょう。ポストコロナの持続可能な社会に向けて、大切なことは、「DiversityとInclusion」だと仰っていた、慶応大学宮田裕章教授のことばが、紫陽花に重なって響いてきました。

丘の学び舎 その173

2022年6月6日 校長室より

いよいよ梅雨入り間近となってきました。ロザリオヒルの紫陽花が、みこころ坂を行きかう人々の目を楽しませてくれています。校内のあちらこちらでは、花瓶一杯の紫陽花に、心が和みます。
今週は中高では前期中間試験、小学校ではStageⅠ運動会の準備、そして、6年生の修学旅行の準備と、それぞれの学年らしい時期を過ごしています。気温も上昇し、熱中症とマスクの狭間で心配の多い3度目の夏を迎えています。マスクのつけ方を工夫しながら、子供たちが無事に夏を乗り切ることができるよう、祈るばかりです。
ところで、「紫陽花」という名前は、藍色の小さな花が集まって咲いている様子を表すといわれています。円形にまとまった小さな花、土壌によって変わるとされる花の色など、どんよりとした梅雨空に映える美しさで、爽やかさを演出してくれます。
「紫陽花に 雫あつめて 朝日かな」 江戸時代の俳人、加賀千代女が詠んだ句です。紫陽花と、雫と、朝日。毎朝、学校へ向かう途中、ロザリオヒルで目にする紫陽花が目に浮かんできます。18世紀の女性が詠った句が、21世紀を生きている私の心にも響いてくるとは何とも不思議なことです。紫陽花はそうして何百年も人々の心を和ませてきたのでしょう。
戦争のニュースと、未だコロナの行く末を案じる報道は続きますが、一輪の紫陽花を愛でる心を、子供たちには育ててほしいと願っています。それが平和の始まりでしょう。毎朝、小学生と出会うと、坂道の途中で目にした生きものや、育てている生きもののことを、目を輝かせて話してくれます。子どもたちの命に対する感性に、こちらも感動を覚えます。

丘の学び舎 その172

2022年5月30日 小学校校長室より

いよいよ5月も終わりに近づいてきました。マリア様の月が終わります。小学校では、朝礼で、聖母奉冠式が行われました。子供たちの祈りを花の冠に託してマリア様にお捧げします。
小林聖心の児童生徒は、校内にある数々のマリア像を目にしながら、学校生活を送っています。幼子イエスを抱いておられるマリア様、手を合わせて祈っておられるマリア様等、それぞれのご像に深い意味が込められています。聖堂の中はもちろんのこと、廊下の片隅や、庭のあちらこちらで目にすることで、無意識のうちにマリア様の姿が心に焼き付いていきます。
私の好きな校内のマリア像の一つが、本館講堂裏から高校校舎へ向かうところの廊下突き当り置かれた、彩色木彫のマリア像です。台座には「A.MOORTGAT,DEUTCHLAND」と刻まれており、どうやら、フランドルの彫刻家Achilles Moortgat(1881~1957)の作品ではないかと推測できます。きっと、ドイツ出身のマザー・マイヤーを通して手に入れたご像なのでしょう。小林聖心の本館に聖堂があった時には、聖堂のサンクチュアリー(聖域)の両側にヨセフ像と対になって置かれていたことが、当時の写真からわかります。ヨセフ様の方は、現在の聖堂(1965年竣工)への移転とともに、どこかへ寄贈されたのでしょうか。校内から消えてしまいました。
素朴な雰囲気の衣装を身に付け、頭には布を巻き、ぬくもりを感じさせられるご像です。このご像の前に立つと、真直ぐな澄んだ瞳に吸い込まれそうになります。イエスの母として、すべてを神様に委ねた平安に満ち溢れています。
5月は終わりますが、校内のマリア様は、ずっと子供たちに大切なことを語り続けてくださることでしょう。マリア様のお取次ぎを祈りたいと思います。

丘の学び舎 その171

2022年5月23日 校長室より

「さつきうるわしく、バラのはなさき、みこころのほのお、あめつちにもゆ、きょうぞいわわんやさしきみはは、われらのこころをみちびきたまえ。サンタ・ソフィアいのりたまえ。」
これは、「聖マグダレナ・ソフィアの歌」の一節です。5月の新緑を眺めていると、ついこの歌を口ずさみたくなります。聖心女子学院の創立者「聖マグダレナ・ソフィアの祝日」、5月25日は、学院を挙げての大きなお祝いです。校内では、至る所に、聖マグダレナ・ソフィアにまつわる歴史や言葉の数々が掲示され、聖堂には、ピンクのバラの花とともに、御絵が飾られます。子供たちは、毎年繰り返すこうした行事を通して、何を心に沁みとおらせ、何をこの創立者から学んでいくのでしょうか。
今年度、学校中で思い起こしている聖マグダレナ・ソフィアの言葉は「Courage and Confidence! ~勇気と信頼~です。」創立者が生きておられた時、度々、生徒に宛てた手紙の中で使っておられる呼びかけです。フランス革命後の混乱期、戦争が続き、幾度も感染症に見舞われる中、新しい時代を築くために貢献できる女の子を育てようと、聖心女子学院が始まりました。男性と協働して世の中を変えることのできる女性を育てること。それは、220年以上前に画期的な出来事でしたが、世界的な変革の時である現代も、やはり、「勇気と信頼」が必要なのではないでしょうか。
コロナ禍ですっかり巣ごもり状態の私たちでしたが、その間に、世界の枠組みと人間の意識は、大きく変わってきています。子供たちには、神様への深い信頼をもって、日常の生活の一つ一つの場面で、勇気を出して、一歩、踏み出してほしいものです。
世界中の聖心女子学院の子供たちと心を合わせ、今週の水曜日、お祝いいたします。聖マグダレナ・ソフィア、世界に広がるみこころの子供たちが、あなたの願いに応えることができる人に成長しますよう、どうぞお祈りください。

丘の学び舎 その170

2022年5月17日 校長室より

先週の土曜日は、小学校の学校説明会が行われました。当日は、心配していた雨もあがり、新緑の美しいキャンパスに、受験希望の子供たちと保護者の皆様をお迎えすることができました。
小学校の説明会ですが、小林聖心ならではの、12年間一貫教育の意義を感じていただけるように、プログラムを計画しました。小学生から中高生、そして卒業生の大学生も参加し、12年間と、さらに卒業後の成長の姿を見ていただけたのであれば、幸いです。
昨年度、ちびっ子イングリッシュコンテストでグランプリをいただいた小学校6年生のレシテーション。不思議の国のアリスと青虫とのやりとりがとても上手に表現できていました。また、昨年度、高円宮杯英語スピーチコンテストで全国大会第2位に輝いた高1の生徒は、マザーマイヤーの「Big You, small i」の精神を、自分の体験を通して語りました。どちらの生徒も、小林聖心で学んできた英語の力を発揮してくれました。
大学生は、自分達が受けてきた教育を振り返り、女子教育や、国際的な教育、12年間一貫教育の意義を語るとともに、大学への進学をどのように決めていったかなど、経験談も交えて、語ってくれました。その他、個別相談では、高2の生徒が小学校の教師とともに、保護者の皆様のご質問に応じる機会もいただきました。
みこころランドでの楽しい時間や、中高オーケストラクラブのミニコンサートもあり、幼稚園生が「楽しかった」と手を振りながら、帰っていきました。
皆様がお帰りになる頃には、晴れ間ものぞき、清々しい半日となったことを感謝しています。ご来校くださった皆様、ありがとうございました。

丘の学び舎 その169

2022年5月9日 小学校校長室より

青葉の季節、5月を迎えました。4月29日、30日は、3年ぶりに、通常に近い形での学院祭が行われました。一日目はあいにくの雨にもかかわらず、たくさんの方にご来校いただきました。心よりお礼申し上げます。今回は保護者の方と受験希望の方のみとなりましたが、来年は、是非、広く皆様にご来校いただける「Come and See Day」が実現することを心から願っております。
今回の学院祭テーマ「TORCH ~Shining Again」は創立99周年の年に相応しいテーマでした。そして、テーマ通り、5年生~12年生が、自分の中に輝く光を見出し、神様からいただいた賜物を活かし、舞台での発表、展示発表、奉仕のお店、小さい子供たちを遊ばせるゲーム等、様々な分野で工夫を凝らし、知恵を絞って、大活躍しました。コロナ禍で思う存分表現できなかったものが、一気に溢れてきたようです。お客さんとして参加した1年生~4年生も含めて、児童生徒一人ひとりの温もりと輝きを感じさせられる学院祭でした。
学院祭は、読んで字の如く、学院のお祭りです。今回、そのことを痛感しました。学校生活には、このようなお祭りが必要ですね。普段と違った形で、それぞれがそれぞれの方法で参与し、学院という一つの共同体として祝う時です。そして、共同体の一員であることの喜びを味わう時です。児童生徒たちが、準備の日も含めて、3日間、本当に嬉しそうで活き活きとしていたことが、そのことを物語っていました。一人ひとりの喜びが、訪れてくださった方々に希望のしるしとして伝わっていたのであれば、幸いです。
いよいよ、12年生から11年生へと、学院祭のトーチは受け継がれました。今年の学院祭を経験した11年生が、そのトーチを受け取って、どのように走り出すでしょうか。また楽しみに見守りたいと思います。

丘の学び舎 その168

2022年4月25日 校長室より

若葉が春雨に濡れて、しっとりとした季節を迎えています。新しい学年、新しいクラスの仲間とも少しずつ慣れ親しみ、学校中で学院祭のムードが高まってきています。
文字通りの学院を挙げての学院祭。今年は、昨年よりさらに進んだハイブリッド型になります。ロッタリーも復活しました。5年生6年生は7年生と一緒にゲームを担当し、お客様は1年生~4年生です。8年生以上は、クラブ発表や自由企画で、日頃の成果を発表します。保護者の皆様にもおいでいただくことができますので、今年の学院祭はきっと盛り上がることでしょう。
この時期、校舎を歩いていると、新学年らしく、様々な装飾や掲示物が目に入ってきます。小学校校舎でいつも目に留まるのが、ソフィーセンター(図書館)の正面入り口です。その時々の季節に合わせた装飾で、子供たちをひきつけています。ソフィ-センターは子供たちが大好きな場所です。ここで、素敵な本に出会うことは、子供の一生を変えるといっても過言ではありません。
学研教育総合研究所のデータによると、小学生の読書量はこの30年で3分の1に減少したとのことですが、小林聖心で見る限り、そのようなことは全く感じさせられません。コロナ禍で入館制限もありましたが、休み時間になると、いつも賑わっています。授業でタブレット端末を使うことは日常と化していますが、本の魅力が失われるわけではありません。本には本ならではの、何にも代えがたい魅力が潜んでいることを、子供たちはよく知っています。
今年入学した1年生は、この1年間で何冊の本に出会うことでしょう。そして、それらの本から、どれ程貴重な人生の糧を得ていくことでしょう。ソフィーセンターの扉の向こうに、無限のソフィー(知恵)が広がっています。

このページのトップへ