小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その140

2021年9月20日 校長室より

実りの季節を迎えています。ぶどうや梨、柿、イチジク等が食卓を賑わせてくれます。小林聖心のロザリオヒルも、一面、実りの秋です。柿が少しずつ色づき、いが栗が落ちてきます。銀杏の木の下には熟した実が一杯に広がっています。
二期制の小林聖心では、前期締めくくりの時期を迎えています。中高生は火曜日が期末試験の最終日となり、小学生は通知表「のびるすがた」をいただく日が近づいています。一年に二回の、自分の実りを確かめる時です。
この季節になると、人間の実りについても考えさせられます。人間にとっての実りとは何なのでしょうか。努力が実を結んで苦手だったことができるようになったとか、とても素晴らしい発表ができたとか、学校の中では小さな実りを日々見つけることができます。希望する大学に進学できたという報せには、長い時間をかけて積み重ねてきた実りを見る思いで、喜び合います。しかし、教師は、一人ひとりの最終的な実りを見ることはできないでしょう。それぞれの子供の長い人生に思いを馳せ、最終的な実りを祈りながら、小さな働きかけをしていくところが学校なのだと思います。
聖書の中のこんな言葉を思い出します。「わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。」(コリントの信徒への手紙 I 3:6) 学校の教師は、種まきや水やりをする存在です。しかし、成長させてくださり、最終的な実りをもたらしてくださるのは神様です。そんな遠いまなざしを持ちながら、同時に、今、という時にしっかりと立って、子供たちと向き合っていきたいと思います。実りの秋に、一人ひとりの人生の豊かな実りを祈りながら。

丘の学び舎 その139

2021年9月13日 校長室より

先週は、久しぶりに校内で合唱の歌声を耳にし、なんとも懐かしい、心温まる気持ちになりました。9月末に行われる合唱祭の準備ということで、小学生が歌の練習をしています。もちろん広い部屋で間隔を取って立ち、マスクをしたまま歌っています。
「ありがとう」という言葉が繰り返し出てくる歌が、全校児童の課題曲になっています。よく聞いていると、花の名前が次々に出てきます。たくさんの花がそれぞれの色や香りで「ありがとう」を伝えている、そんな歌だということがわかりました。なかにしあかねさん作詞作曲による、「すみれ色のありがとう」です。学年ごとに歌い繋いで、全校児童で一つの作品に仕上げようとしているとのこと。毎日聞いているうちに、すっかり覚えてしまいました。頭の中を色とりどりの花が嬉しそうに踊っている感じです。
なかにしあかねさんの説明によると、花の名前は、花言葉や季節を考慮した3つのグループに分けられているとのこと。最後のグループは、「たんぽぽのありがとう、ヒマワリのありがとう」と歌った後、「コスモスのありがとう」で締めくくられます。三番目のグループの花言葉は「幸福」「平和」「愛」そして、「感謝」だそうです。
この歌を聞きながら、小学校校舎の前庭の花壇で、先週一輪だけ咲いたコスモスのことを思い出しました。植木屋さんが、7月の終わりに種を蒔いてくださったコスモスです。毎日、まだかしらと心待ちにしていました。秋の楽しみは何といっても、たくさんのコスモスの花が風に揺られている景色です。しかし、たくさん並んでいると見落としがちな一輪のコスモスの清々しさに心打たれます。まさに、「幸福」「平和」「愛」そして、「感謝」が伝わってきます。今年、この花壇で一番先に咲いたコスモスの花が、みんなを代表して、「コスモスのありがとう」を伝えてくれているようです。

丘の学び舎 その138

2021年9月6日 校長室より

まだまだ日中は暑さが厳しいですが、朝晩は随分凌ぎ易くなってきました。聞こえてくる虫の声も、雲の形も変わってきました。確実に、季節は移っていっています。
現在、小学校は普段のように登校しての授業、そして、中高は自宅でのオンライン授業となっています。小学生は、毎朝、嬉しくてたまらない様子で、みこころ坂を上がってきます。小学生を見ていると、学校に集まることで成り立つ学びを、何とか確保し続けてやりたいと願わずにはいられません。中高では、昨年の休校を彷彿とさせる日々が続いています。
 昨年同様、中高生には、毎日、オンラインで朝の祈りが配信されています。普段の学校生活のように、朝はやはり祈りで始まります。聖書の御言葉を味わい、沈黙の内に祈り、主の祈りを唱えます。そして、最後には、タワーベルの鐘の音に耳を傾けて祈ります。
 昨年、休校が明けて学校に戻ってきた時、12年生の生徒が口々に語ってくれました。「毎朝お祈りで始められてよかった。タワーベルの鐘の音を聴きながら、学校と繋がっている、友達と繋がっている、そんな気持ちで1日をスタートすることができて、心の支えになった。」と。
今週も、中高では、オンライン授業が続きます。中高生がそれぞれの場所でタワーベルの響きに心を合わせて祈ることで、目には見えない大きな祈りの共同体が出来上がっているのを感じます。そんな祈りで結ばれた共同体の一員として、今週も一日一日丁寧に過ごすことができますように。

丘の学び舎 その137

2021年8月30日 校長室より

いよいよ夏休みが明けて、始業の日を迎えました。残暑というよりは盛夏を思わせられる気候の中、学校が再開します。但し、若年層における新型コロナの感染急拡大の影響を鑑み、小学校では普通の授業を行いますが、中学と高校では、9月1日からオンラインでの授業ということになりました。小学校も、中高も、健康に過ごし、それぞれの形で学びを続けていきます。
この夏、校舎のあちらこちらで模様替えが行われました。そして、北門付近には、新しい小屋が設置されました。マイヤークラブお迎えの駐車場を見守ってくださる、守衛さんのための詰め所です。当初は、既成のものを設置することも考えましたが、緑豊かな小林聖心の景観に相応しいものにしたいということで、「兵庫県立山の学校」(穴栗市)に制作を依頼することになりました。「山の学校」で森林実習などに励んでいる生徒さんが授業の一環として作ってくださることになりました。
先週の金曜日、トラックで搬入された小屋の本体に、窓や屋根、扉がつけられて、完成しました。杉の温もりと、手作りの温もりあふれる作品です。最後の仕上げに取り組む生徒さんの姿には充実感が感じられ、こちらも嬉しくなりました。この時の様子は、8月28日㈯の神戸新聞朝刊に掲載されました。
この小屋のために何度も足を運んでくださった「山の学校」の校長先生をはじめ、指導に当たってくださった先生方、そして7名の生徒さんに心からお礼申し上げます。これからこの小屋を目にする度に、皆さんのことを思い出すことでしょう。小林聖心にまた一つ貴重な建造物が増えました。大切に使わせていただきます。

丘の学び舎 その136

2021年8月23日 校長室より

先週は、毎日、傘マークの天気予報が続きました。猛暑は一時凌げましたが、今週は厳しい暑さが戻るとのことです。
このところのじめじめした気分を、ほんの少し和らげてくれるものがあります。正門を入ったところに咲いている野生の百合の花です。お花屋さんで買うような豪華さはありませんが、控えめで可憐な姿に、まさに野の百合という感じです。子供たちの大好きな「♪ごらんよ空の鳥、野の白百合を~」という聖歌を思い出します。福音書では、「空の鳥をよく見なさい。」「野の花がどのように育つのか、よく注意して見なさい。」(マタイによる福音書6章)とあります。この聖書の箇所の「野の花」を「野の白百合」と歌っているのです。
ところで、何故、イエス様は「空の鳥」や「野の花」を見なさいと仰っているのでしょう。それは、「自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。」(マタイによる福音書6:25)ということを伝えるためです。「空の鳥」や「野の花」を養ってくださっている天の父は、命を生かすために必要なものをすべてご存知ですから、明日のことまで思い悩まず、まずは、神様に心を向けなさい。そうすれば必要なものは全部与えられますよ、と教えてくださっているのです。
日頃、いろいろと思い悩むことの多い私たちです。生きている限り、思い煩いの連続かもしれません。この聖書の箇所は、「その日の苦労は、その日だけで十分である。」と締めくくられています。私たちに苦労があることを、神様は知り尽くしておられます。ですから、その日の重荷と向き合い、それを担いなさい。それ以上のことを、「ああなるかもしれない」「こうなったらどうしよう」と、まだ起こってもいないことを心配するのはやめて、お任せしなさい、と仰っているのではないでしょうか。毎日、正門を通る度に、百合の花を眺めながら、そんなことを思い巡らしています。

丘の学び舎 その135

2021年8月16日 校長室より

8月15日は、毎年、様々なことを考えされられる日です。日本人として忘れてはならない終戦記念日。今年は、76年目を迎えました。そして、カトリック教会においては、「聖母の被昇天」の祭日です。この世の生を終えた後、マリア様のからだも魂も天の栄光に挙げられた、ということを祝います。その姿はキリストを信じる者すべての模範であり、希望です。
今年、特に想いを馳せていたのは、第二次世界大戦中、長崎に抑留されていた16名のミッショナリーのシスター達のことです。連合国側の国籍ゆえに、国外退去か抑留生活かの選択を迫られ、国内に留まることを望んだシスター達です。日本が「ポツダム宣言」を受諾したとの報せは、8月17日の深夜、抑留所を訪れた役人たちによって告げられたとのことです。「これで小林に戻ることができる!」と、どんなに嬉しかったことでしょう。 10月の半ば過ぎ、長崎から二日かけて懐かしい小林の丘に戻ったシスター達は、まるで何事もなかったかのように、次の日から、また学校でそれぞれの務めを果たしてくださったのです。
前線が停滞し、日本全土、記録的な大雨に見舞われました。まだまだ今週も危険な状態が続きそうです。15日の午後、久しぶりに雨が上がり、晴れ間がのぞいたロザリオヒルでは、雨露にぬれた樹々の緑が輝いていました。御旨に従って生涯を全うしたマリア様の全存在を、神様がしっかりと受け止め、からだも魂も天の栄光に挙げてくださったように、日本の子供達をこの上なく慈しみ、最後は日本の土となってくださったミッショナリーのシスター達を、神様は永遠の命の喜びのうちに憩わせてくださっているに違いないと実感した、今年の8月15日でした。

丘の学び舎 その134

2021年8月9日 校長室より

猛暑続きの中、少し涼しい気分を味わった先週の出来事をお話したいと思います。クラブ活動も最後の日のことです。茶道部のお招きに与り、久しぶりにお茶室に座り、生徒のお点前を頂戴しました。セミの声が心地よい、学校のキャンパスとは思えない静寂がお茶室に広がっていました。
四季の変化を巧みに表現する日本の文化。茶道には、もちろん四季折々の楽しみ方がありますが、今回、涼しさを演出する様々な工夫が茶道にあることを知り、深い感銘を受けました。コーチの先生が丁寧に説明してくださったお陰です。
まず、いただいたお菓子は、夏そのものともいえる西瓜をあしらったぜりーでした。口にするのがもったいような美しさです。西瓜を目にしただけで、気分は変わります。お茶を頂いた器は、薄手の焼き物で、やや浅めでした。器によっても、涼しい気分を味わえるのだということを実感できました。さらに、夏には特別な楽しみ方があるようです。平水指(ひらみずさし)に水を張り、涼しさを醸し出すようにします。子供の頃、縁側から打ち水をした時のような感覚を思い出しました。しかも、その平水指の蓋の上に、袱紗(ふくさ)で折った蝉を飾るのだそうです。朱色のかわいい蝉が平水指の蓋の上にちょこんとのっている様子に、茶道の遊び心が感じられ、外から聞こえてくる蝉の声とも相まって、とても心が和みました。
第五波といわれる感染急拡大のニュースに、心も塞ぎがちな二度目の夏を迎えました。オリンピックとコロナの狭間で、悶々とした思いは拭えない今日この頃です。しかし、日常生活の中に自然を取り入れたり、ちょっとした遊び心をもって心を豊かにしたりすることはできるのではないでしょうか。お茶を頂きながら、日本の伝統文化が内包する知恵の奥深さに、今更ながら、思いを馳せたひと時でした。

丘の学び舎 その133

2021年8月2日 校長室より

夏休みのクラブ活動は、7月をもってほぼ終わりました。猛暑の中、運動場でも、校舎内でも、真剣にクラブに打ち込む生徒の姿があちらこちらで見受けられ、クラブ活動が学校生活において担う重要性を実感しました。
盛夏らしいセミの鳴き声に包まれたキャンパス。普段とは異なる活動で活気あふれる校内を歩いていると、ふと特別な空気を味わうことがあります。油絵の制作に専念する美術工芸部の生徒が醸し出す、不思議な静寂です。思い思いの場所で一人佇み、黙々とキャンバスに向き合い、筆を進めています。すぐ横を運動部の生徒が走っていても、気を散らすことはないようです。描いている対象とキャンバスの間を行き来するまなざし。何度も塗り重ねられていく油絵具。それ以外には、何の動きも音もない空間。しかし、何かとても「尊い」ものを感じさせてくれる姿です。
新しい学習指導要領の方針に従い、学校教育においては、「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう努めています。その表現自体は、すっかり教師の間に定着した感があります。しかし、ややもすると、仲間や教師と言葉のやりとりをしながら、動きのある活動をさせることのみで良しとする傾向があるのではないでしょうか。「Active Learning」が誤解を招きやすいこととも関連しています。
校内で一人黙々とキャンバスに向かう生徒の姿を眺めていると、これはまさに「主体的・対話的で深い学び」以外の何物でもないという確信が湧き起こってきます。対象と向き合う主体性をもって、対象との対話、自分自身との対話を繰り返しながら、対象をキャンバスに表現していくことで成立する深い学び。何十時間、百何十時間とこの学びを続けることで、生徒はどれほど成長していくことでしょう。
校内にこうした姿があることをとても誇りに思います。そして、その姿は、小林聖心の生徒の心の最も深い部分をつくっている「祈り」とも重なって見えてきます。

丘の学び舎 その132

2021年7月26日 校長室より

猛暑続きの毎日です。学校では、職員室の改修工事が着々と進んでいます。仮職員室の住み心地もよくなってきました。毎日、少しずつ変化していく旧視聴覚教室と中高職員室を眺めながら、色々なことに気づかされ、感動しています。今日は、二つのことを分かち合いたいと思います。
 まずは、本館教室の扉です。写真をご覧になると、卒業生の方はとても懐かしい扉なのではないでしょうか。建築家レーモンド独特の、上部にレールのついた引き戸です。もちろん通常はレールの部分が木材で覆われていて見えませんが、この度、上部の木材が剥がされることになりました。レールの錆びで扉の開閉が相当重くなっているため、レール部分を交換することになったのです。約100年の間、重い扉を吊るしてきた鉄のレールを初めて目にし、レーモンドに出会ったような気持ちになりました。扉を引く時の「ゴロゴロ」という音と感触を日々味わってきたものとしては、思わず「よく働いてきてくれました」とお礼を言いたくなるようなレールです。
 もう一つ感動して眺めているのは、天井裏と床下です。工事を始めると、まず着手しなければならないのは、見えない部分なのだということがよくわかりました。日頃、何気なく使っている建物ですが、肝心なものは、すべて見えないところを通っているということに今更ながら気が付きました。天井のはがれた屋根裏に、様々な種類の配線や管が通っています。それらをまじまじと眺めながら、創立者聖マグダレナ・ソフィアが教育を建築に例えたことを思い起こしています。
 これまでも折々に手を加えながら、現在の本館校舎になってきました。しかし、原形は、レーモンドのどっしりとした建物です。業者の方から、「本当に素晴らしい材料でできている建物ですね」というお言葉を頂き、先人方が遺してくださった校舎を大切にしていきたいという思いを新たにしています。

このページのトップへ