小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その156

2022年1月24日 校長室より

大寒を迎え、先週は暦通りの寒さが続きました。雪や雹が舞い散ることもありましたが、子供たちはいたって元気です。大はしゃぎで、雪を集めて遊んでいました。
一年で最も寒いこの時期、中高では黙想会のシーズンを迎えます。先週の7・8年生を皮切りに、9年生、12年生、そして10・11年生と続きます。学年の最後を締めくくる大切な行事です。
中高生は、全員、黙想会ノートというものを持っています。そこには、神父様のお話や、個人で祈ったりふり返ったりした内容、そして、最後のまとめや決心など、二日間の黙想の軌跡が綴られています。さらに、その年にいただいた御絵も貼られていて、黙想会ノートはさながら心の宝箱のようです。
この黙想会ノートがどんなに自分にとって大事なものであるかということを、卒業生がよく語ってくれます。卒業して何年もたってから、そっと開いてみるのだそうです。そこに綴られた中高生の自分。「あの頃はこんなことを悩んでいたのだ」とか「この時のあの神父様のお話が、これまで私を支えてくれた」とか追憶するとのこと。ノートを読み返し、振り返ることで、自分との新たな出会いが生まれるのだそうです。
小林聖心の子どもたちにとって、黙想会は、年に一回、しっかりと自分と向きあい、他者と出会いなおす、貴重な時間です。そして、私も他者も、地球上のすべてのいのちを包み込んで見守っていてくださる、神様のまなざしにふれる機会です。
今年も生徒一人ひとり、かけがえのない二日間を過ごすことができますように。そして、今年の黙想会ノートに綴られたことが、何年か後のそれぞれに、生きる喜びを与えてくれますように、心から祈ります。

丘の学び舎 その155

2022年1月17日 校長室より

受験シーズンを迎えています。本校を受験してくださった小学生や園児の皆さん、また大学入学共通試験を受験した本校の高校3年生の健闘を祈った土曜日、日曜日でした。一方、オミクロン株の猛威は、止まるところを知りません。受験生も、受験を実施する学校も、感染予防対策にずいぶん神経を使ったことでしょう。日本中の受験生が、この冬、無事に試験を終えることができますように。
新型コロナとの闘いの日々も、そろそろ3年目に突入します。マスクも、消毒も、換気も、そして、黙食も、通常の生活の一部と化しました。たくさんの経験を積んで、伸びていく時期の小学生や中高生にとって、不完全燃焼ともいうべき、不本意な2年間になってしまったことは否めません。しかし、このコロナの経験は、必ずしもネガティブな思い出としてのみ子供たちの心に残っているわけではないようです。昨年11月頃から続いている、12年生(高3)や9年生(中3)との面接では、この2年間、子供たちの中に、驚く程の学びや気づきがあったことに感心します。
一番多いのは、あたり前と思っていたことへの感謝です。学校という場で学べること、友達の存在、家族の有難さ、どれもこれも、休校期間や自粛生活を通して得た気づきです。物事を深く考えるようになったという話にも、深い感銘を覚えました。コロナ前よりは、一人で静かに過ごす時間が増えたこと。その中で、本を読んだり、様々な考えに触れたりしながら、自分はどう思うのかじっくり考えたという経験は、何物にも代え難いようです。テレワークをしている親御さんの姿から、社会人として働くことの責任を学んだ生徒、やりたいことをやれないというもどかしさを越えて、視点を変えることで新しい世界に開かれていった生徒等、コロナ禍において、私の想像を遥かに超える一人ひとりの成長があったことに喜びを感じました。
まだまだ続くであろう「コロナと共に」の生活が、これからも児童生徒にとっての学びの時、成長の時でありますように。そして、一日も早く、晴れ晴れとした日が来ますように。

丘の学び舎 その154

2022年1月10日 校長室より

明けましておめでとうございます。新年最初のブログとなります。2022年が皆様にとって恵み豊かな年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
1月7日、小中高とも始業の日を迎え、子供たちの声が小林の丘に戻ってきました。急激な感染拡大による第六波到来のニュースに、不安は尽きません。児童生徒からの年賀状には、昨年、少しずつ行事が戻ってきたことへの喜びが綴られていましたので、今年度の締めくくりとなるあと3ヶ月も、学校生活ならではの貴重な日々となるよう、先生方と力を合わせて参ります。
いつもお世話になっている植木屋さんが、今年も新春の盆栽を届けてくださいました。受付を入ったところの正面に飾ってあります。雪景色の日本庭園の情景が鉢の上に見事に表現され、松に梅・・・、と眺めているだけで穏やかな気分になります。今年は、かわいらしい羽子板と羽根も飾られています。盆栽の雪の上に降り立つ優美な二羽の鶴が、平和に満ちた雰囲気を醸し出してくれています。鶴は、人間と神様をつなぐおめでたい鳥といわれますので、新年にあたり、神様の祝福を伝えてくれているのでしょう。
教皇フランシスコは、今年も1月1日「世界平和の日」にあたり、メッセージを発表されました。恒久的平和を築く手段として、対話、教育、就労について語られた後、少しでも多くの人が、「謙虚さと忍耐を忘れずに、その日その日に平和の『職人』となれますように。」という言葉で締めくくっておられます。職人ですから、知恵を使い、心を込めて手足を働かせ、一日一日、コツコツと働くことが求められます。それぞれが生活する場で、そんな「平和の職人」となることができたら、私たちの社会はどれ程あたたかくて思いやりに満ちたところとなるのでしょうか。
この一年、神様ご自身の平和に与り、「平和の職人」としていただけますよう、また、この学校で成長する子供たち自身が「平和の職人」として広い世界へ飛び立っていけますように、祈りたいと思います。

丘の学び舎 その153

2021年12月20日 校長室より

学校のクリスマス行事は、今日の12年生のウィッシングで終わりとなり、いよいよ終業となります。先週は、小学校1年~3年のウィッシング(4年生の劇)を皮切りに、4年生~6年生のウィッシング(5年生の劇)、そして中高は学年単位でのウィッシングと続きました。順番に年齢が上がっていくお祝いを共にしながら、12年間の児童生徒の成長を目の当たりにする思いがしました。どの学年のウィッシングは、もちろん沈黙の中、よい姿勢で与っているのですが、沈黙の質が変わっていくのが手に取るようにわかります。それは子供たちの内面的な成長をそのまま表しているに違いありません。
さて、何度も緊急事態宣言を経験し、一喜一憂した今年も、残すところわずかとなりました。世界を眺めれば、暴力や格差や貧困といった課題は後を絶ちません。先日も、アフガニスタンで食糧が手に入らず、栄養失調に陥っている子供たちの写真を目にして、胸が痛みました。このような時代、クリスマスは私たちに何を語りかけてくれているのでしょうか。
2000年以上前にイエス様がお生まれになった時も、世界は深い闇に覆われていました。そこに希望の光として来てくださった神様ご自身。私たち人間の苦しみや悲しみや不安を共にするためです。依然として、先が見通せず混沌とした2021年。今年もイエス・キリストをお迎えします。この神の子をお迎えすることは、他でもない、私たち自身、「共にいる」という生き方をするよう招かれているということでしょう。近くの人と、そして、遠くの人とも、自分にできる方法で、「共にいる」という生き方です。人の痛みに心を寄せ、自分のエネルギーや時間を少しでも費やすことで「共にいる」ことができます。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ3:16)これほどの大きな愛を教えていただいた私たち自身、この世界における「希望のつくり手」となっていけますように。ウィッシングのお祝いを通して、小林聖心の子供たちが「希望のつくり手」に変えられていきますように、それが私の心からの願いです。

丘の学び舎 その151

2021年12月6日 校長室より

今週は待降節第二週に入り、クリスマス・リースのろうそくは、二本目が灯されました。小林聖心の校内も、あちらこちらにクリスマスを準備する飾りが施されました。中でも大切なのが「クリブ」です。クリブとは、厳密には、救い主イエスが、誕生後、寝かせられた飼い葉桶のことを指しますが、飼い葉桶のみならず、馬小屋でのイエスの誕生の情景を再現する人形飾り全体をクリブと呼ぶこともあります。
このクリスマスの飾りは、イタリア語では「プレゼピオ」です。イタリアの聖人アシジの聖フランシスコが初めてつくったといわれています。13世紀の初め頃のことです。その後、この伝統はヨーロッパ各地に広まり、今でも街の一角に、等身大もあるような人形が登場し、救い主が誕生した時の馬小屋の様子や、来訪した羊飼い、博士たちの様子を再現しています。
小林聖心のクリブは、小学校のものも、中高のものも、数十年前にドイツから贈られました。写真は小学校のクリブですが、先日、ゆっくり眺めていると、たくさんの羊がいることに気づきました。羊飼いは夜通し羊の群れの番をしていた時に、「いと高き所には栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」という天使のメッセージを受け、急いで馬小屋に駆けつけました。当然、たくさんの羊も、特別な気配を感じながら、羊飼いと一緒に馬小屋に向かったはずです。羊が群れをなして救い主イエスに向かって集まっていく様子は、何ともほほえましい限りです。きっと13世紀の聖フランシスコの頃は、人形も、実際の人間も動物も一緒になって、一つの場面に溶け込み、救い主の誕生をお祝いしていたのではないでしょうか。
小学校では、先週から、中学校では、今週からプラクティスが始まりました。自分の外側にも内側にも静けさを作りながら、神様のメッセージに耳を傾けて過ごします。そして、そのプラクティスの実りは、目に見えるものに変えられ、国内外で困っておられる方々のもとへ届けられます。今年も、子供たちの心に神様が語りかけてくださるクリスマスとなりますように。

丘の学び舎 その150

2021年11月29日 校長室より

11月も明日で終わり、いよいよ師走がやってきます。朝晩、すっかり冷え込みが厳しくなりました。秋色一色の小林の丘では、みこころ坂を上り下りする方々がしばし足を止め、樹々の色づきを楽しんでくださっています。子供たちは、丘一面に広がる秋を全身で感じ取りながら、何を心に焼き付けているのでしょうか。
この季節、私の一番好きな小林聖心のスポットは、校舎から正門に降りる時、右手に見えてくる眺めです。赤とも黄ともいえない微妙な色が重なり合い、得も言われぬ境地です。
キャンパスを歩いていると、八木重吉の『素朴な琴』という詩を思い出します。八木重吉の数ある秋の詩の中でも、特に好きな作品です。
この明るさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美くしさに耐えかね
琴はしずかに鳴りいだすだろう
秋の美しさに耐えかねてほとばしり出る妙なる響き。11月は、その響きに耳を傾けながら過ごす毎日でした。
キリスト教の教会では昨日から待降節が始まりました。一年の中で、「聴く」ことを学ぶ季節です。待ちに待った救い主が私たちのところに来てくださる、その足音に耳を傾けながら過ごします。心の耳を澄まし、同時に、注意深く、目覚めていなければなりません。耳を傾けるためには、何よりも静けさが必要です。自分の内側にも、外側にも、静けさをつくるため、小林聖心の子供たちは、今年も「プラクティス」に努めながら、クリスマスを準備していきます。

丘の学び舎 その149

2021年11月22日 小学校校長室より

先週の木曜日、11月18日は、聖心女子学院の二人目の聖人、聖フィリピン・デュシェーンのお祝い日でした。世界中の聖心女子学院でこの日をお祝いしますが、アメリカでは特に大きなお祝い日です。聖フィリピン・デュシェーンは、フランスからアメリカに渡って現在のアメリカ・カナダの聖心女子学院25校をはじめ、南北アメリカ大陸の聖心女子学院の礎を築いていくださったからです。
歴史は、1818年に遡ります。ヨーロッパの女性がアメリカ大陸へ渡って開拓の一翼を担うことは珍しい時代です。5人の聖心会のシスターは大西洋の荒波を越えてアメリカに渡ると、中西部の都市セントルイス、セントチャールズを皮切りに、次々と学校を設立していきました。子供たちの教育に尽力する一方、土地を開墾して作物を育てたり、家畜の世話をしたりと、朝から晩まで働きづめの日々が続きました。
もう20年以上も前のこと。初めてセントルイスの町を訪問した際、開拓記念のモニュメントに刻まれた開拓者の名前の筆頭に「Philippine Duchesne」を発見した時の感動は、今でも忘れることができません。聖心女子学院を始めたということもさることながら、アメリカという土地に根付き、アメリカを拓くことに一生を捧げた女性なのです。フィリピン・デュシェーンが聖人の位に挙げられたのも、フィリピンが愛してやまなかった先住民族ポトワトミの人々との間の友情があったからこそです。
毎年、このお祝い日の頃になると、「Crossing Frontiers」というフィリピンの生き方を思い出します。地理的、文化的、あるいは、人と人との間の様々な境界を越えることの大切さ、そして、それは自分にとって居心地のよい小さな枠組みから一歩出ていくことから始まるのだということを教えてくれます。グローバルな時代、そして連帯が求められる時代に、忘れてはならない姿勢です。今年も生徒と共に聖フィリピン・デュシェーンへの祈りを捧げながら、私たち自身「Crossing Frontiers」を生きる恵みに与ることができるようお祈りしました。

丘の学び舎 その148

2021年11月15日 小学校校長室より

先週の土曜日、秋晴れの美しい日。第2回中学校入試説明会と小学校転編入試説明会が開催されました。ご来校いただいた方々に、小林聖心の教育について、少しでもご理解いただけたのであれば幸いです。
先週の「丘の学び舎」では、9年生の墨絵を紹介しました。今日は、3年生の図工の作品です。先日、3階のワークスペースを歩いていたら、カラフルな動物たちがあまりにも楽しそうに木の上に乗っかったり、ぶら下がったりしているので、思わず足を止めて、一匹一匹眺めてしまいました。先生からの課題は、ジャングルの動物を自由な色彩で描きたいように表現してみることだったそうです。動物の姿全体は、胴や顔、手足のパーツの貼り合わせにより、思い思いの格好で、とても活き活きとしています。この動物はこの色といった固定観念から解放されると、子供たちはこんなにも豊かな表現をすることができるのだと、本当に感心しました。それぞれの子供が内側に秘めている世界を垣間見る思いがしました。
ジャングルといえば、生物多様性のことを考えずにはいられません。ジャングルは生物多様性の宝庫です。その生物多様性の危機的状況を重要なテーマとして取り上げたのが、1992年のリオ・サミットです。その後1995年に始まったCOP(国連気候変動枠組み条約締約国会議)は今回で26回目。グラスゴー宣言として、2030年までに森林破壊をなくすとする共同声明が発表されました。しかし、生物多様性が人類史上これまでにない速度で失われている現在、生態系から得られる恵みを回復させるためには、国の利害を超えた連帯が実現しなければなりません。
3年生の作品を眺めながら、生物多様性が失われていく世界では、人間の多様性や個々の尊厳も失われていくのではないかと感じずにはいられませんでした。子供たちが大人になった時、人間も動物も、すべての生命が活き活きと生きられる、多様性に満ちた地球共同体を目指し、人類の連帯が進んでいることを願わずにはいられません。

丘の学び舎 その147

2021年11月8日 校長室より

ロザリオヒルを歩いていると、キンモクセイの甘い香りに包まれます。普段は何の木だかすっかり忘れている生垣ですが、オレンジ色の花でいっぱいになると、キンモクセイの存在を再確認することになります。キンモクセイの開花時期は通常9月~10月といわれていますので、今年はかなり遅れたのでしょう。つい、一週間ほど前から、香りに気づくようになりました。
季節が移ろう中、中学校校舎の廊下には、9年生の美術作品、水墨画が展示されています。「私が好きな季節」をテーマに、水墨画の濃墨・中墨・淡墨といった墨色の違いや、にじみ、筆の払いなどが醸し出す表現を楽しみながら、好きな季節の風物を描いています。毎年、なかなかの傑作ぞろいに、足を止めて味わっています。掛け軸にでもかけたくなるようなお気に入りが見つかったりします。
水墨画は、東洋が生んだ世界に誇る絵画表現です。黒と白のモノトーンの世界は、日本人の心に深く根付く感性にも通じるようです。茶道や華道と同様、落ち着きと静けさの世界に誘ってくれます。確かに水墨画は日本人を魅了し続ける絵画です。
私は水墨画が秘める「曖昧」の美しさに魅かれます。日本人の国民性は、よく曖昧という言葉で表現され、「曖昧」であることは、欧米の文化から見れば、掴みどころがないといったネガティブなイメージに繋がりがちです。しかし、実際のところ、物事は、それ程はっきりと、白と黒とに分けることができないのではないでしょうか。白と黒の間には、数えきれないほどのグラデーションがあります。白でも黒でもない、微妙なグラデーションを理解することは、わかりにくいことをすぐに判断しないで思いめぐらすという姿勢に繋がり、自分とは異なる多様な他者を受け入れる大きさにも繋がるように思えます。
9年生が水墨画にチャレンジすることは、その意味で、とても貴重な経験だといえるでしょう。StageⅢとして、少しずつ大人に向かっていく9年生の成長を願いながら、今年も水墨画を楽しみました。

このページのトップへ