小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

秋のコンサートタイム

2022年11月29日 中学校

11月17日の7・8年(中1・2)の合同ホームルームの時間に、7・8年生出演の「秋のコンサート」が行われました。ピアノやバイオリン、ギターや歌など、有志の人がさまざまな音楽を披露してくれ、文化の秋にふさわしい実りのあるコンサートとなりました。

 

 

 

 

 

7年生「宝塚学」の講話

2022年11月18日 中学校

7年生(中1)の総合的な学習の時間では「宝塚学」として、学校のある宝塚市に関することをさまざまな視点から探究しています。11月10日(木)には、神戸学院大学の谷口義子先生に来校いただきました。谷口先生から「宝塚学」を深めていくためのヒントとなるお話をうかがいました。

 

 

 

7年生校外学習

2022年11月16日 中学校

112日(火)、7年生(中1)は、校外学習で奈良県の明日香村を訪れました。

天候にも恵まれ、秋晴れのとても気持ちのよい日でした。飛鳥寺に到着後、住職から飛鳥寺のお話をうかがいました。その後、班で決めたルートごとに地図を見ながら歩き、石舞台や亀石や高松塚古墳などを訪れました。

中学生になって初めての校外での活動で、道に迷ったり、計画通りにいかない班もありましたが、班で協力してよい時間を過ごすことができました。飛鳥の地に広がる古代の歴史を感じることができた1日でした。

 

 

 

 

第1期StageⅡ生徒会 第1回生徒総会

2022年10月13日

創立100周年の新たな門出に向けて、10月よりStageⅡ生徒会、StageⅢ生徒会が発足しました。今日の6時間目は第1期StageⅡ生徒会 第1回生徒総会が開かれました。講堂に5年生~8年生が集いました。児童・生徒の凛とした雰囲気の中、粛々と会が進行していきました。会場には、これから新しいことが始まっていくのだという高揚感がありました。

 

7年生理科の実験Part 2

2022年10月12日 中学校
先日お伝えした「混合物の分離」の実験の続きです。
絵の具入り食塩水はろ紙でろ過できませんが…、
 
 
 

東レ(株)から提供された中空糸膜を用いた特別な実験器具を使ってろ過すると、なんと、絵の具の粒子が取り除かれ、透明な液体だけを取り出すことができました。(透明ですが、食塩はろ過できておらず、この後、水を蒸発させて食塩は残っていることを確認しました。)

 
 
 
 
*中空糸膜は、浄水器や浄水場、透析装置などに使用されています。
*さらに細かい穴の膜を使うと、食塩も取り除くことができます。
 
 

理科の実験PartⅠ

2022年10月6日 中学校
7年生(中1)の理科では「混合物の分離」の実験を行っています。今回は、食塩とデンプンが混ざったものからそれぞれを取り出す実験で、今までの学習内容をもとに自分たちで手順を考えて実験しました。
この次の実験は普段学校では見られない実験装置を使うようで、また続きをお伝えします。
 
 
 
 

StageⅡ生徒会選挙

2022年6月30日

5年生から8年生でなるStageⅡの自治を担う生徒会の役員選挙がありました。
立候補者は放送室のスタジオから一人ずつ演説し、各教室で視聴する生徒たちに考えを訴えました。
投票も各教室の自席からタブレットを使って行いました。

StageⅡのみこころの祝日

2022年6月28日 小学校中学校

6月22日、みこころの祝日記念行事が行われました。この祝日を通して、本校では、惜しみなく人に対して自分の力を使って、人を大切にする気持ちを思い起こすことを大切にしています。StageⅡの5年生・8年生(中2)は聖堂で、6年生・7年生(中1)は聖堂の様子をZoomで中継して、教室でそれぞれみことばの祭儀を行いました。その後は、各教室で奉仕活動としてぞうきん縫いを行いました。

 

 

 

7年生クラス交流会

2022年6月24日 中学校

7年生(中1)では、長い間、クラスメートと親睦を深めるためにクラス合宿を行ってきましたが、このご時世なので同じ鍋を囲んで食事をするというわけにはいきませんので、今年は、クラス交流会を行うことにしました。

6月17日には、7年生の1クラスが交流会の時間をもちました。隣接するロザリオヒル教育施設に移動し、芝生で開放的な昼食をとった後、ロザリオヒルのホールに移動して、交流プログラムを行いました。

今日24日は、もう1クラスの交流会が行われました。来週、最後の1クラスの交流会が行われるので、それまで詳しい内容はここには書かないことにしますが、どのクラスも「仲間との完成度」にこだわった充実したプログラムを過ごしています。

 

 

 

 

このページのトップへ