Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

小林聖心女子学院ブログ

丘の学び舎 その14

2013年6月6日校長室より

マザー・バラの願い

 創立者聖マグダレナ・ソフィアのお祝い日は、皆様もご存知の通り、5月25日です。教会で聖人を祝う日は、亡くなられた日、つまり神様のみもとに帰り新しい命に与られた日となっています。マザー・バラは1865年5月25日に神様に召されましたが、その16日前の5月9日、パリの聖心女子学院(ビロン邸)の小学生たちを学校に隣接するご自分の修道院に招かれた、という記録が残っています。子どもたちに神様のお話をし、真っ赤なりんごをプレゼントなさいました。そして最後に、子どもたち一人ひとりに祝福を与えてお別れとなりました。マザー・バラが、生涯をかけてこよなく愛された子どもたちと過ごされたた最後の時間。どんなに慈愛に満ちた表情で子どもたちを眺めておられたことでしょう。そして、そのマザーが与えられた祝福に、限りなく深い思いを感じます。

 祝福とは、旧約聖書に描かれている通り、まず「生まれてきてよかったね。おめでとう。」ということです。すべての命の創造の始めに注がれた、神様の心です。マザーは、あなたが生きているということはどんなにすばらしいことか、その思いを伝えたくて、一人ひとりの上に手を置いて祝福なさったのでしょう。

 もう一つ、祝福は「幸せでありますように。」という祈りです。人生にどんなことが待っているかは誰にもわからず、社会もどんどん変化していく。そんな中で、自分も人もかけがえのない存在として尊び、互いに支えあいながら、生きることの意味や喜びを見出していく幸いを、マザー・バラはどんなに願われたことでしょう。

マザーバラは 目にうつる かたちには
まどわされませんでした。
なぜなら マザーバラには 見えるのでした。
すべてのひとの なかに かがやく 
とくべつな ひかりが・・・
どんな ひとの なかにも
きえることなく かがやきつづける
神さまの すがた・・・
愛にあふれた マザーバラの 目には
見えるのでした

「聖マグダレナ・ソフィア・バラ」児島なおみ著

 小林聖心の皆様一人ひとりは、愛にあふれたマザー・バラのまなざしで、今も見守られています。そして、「生まれてきてよかったね」「幸せでありますように」と祝福していただいているということをどうぞ忘れないでください。今度のお祝い日には、是非、マザー・バラのそのあたたかい祝福を感じ取ってほしいと心から願っています。