小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

レストランでのロールプレイ

2022年7月4日 中学校

9年生(中3)のオーラルコミュニケーションの授業では、レストランでの会話のロールプレイを行いました。さまざまな種類のレストランを設定し、店員になったり、お客さんになったりして、レストランでの会話を何度も練習しました。

 

 

 

 

丘の学び舎 その177

2022年7月4日 校長室より

あまりにも早い梅雨明けと、猛暑の到来。熱中症との闘いの一週間を、児童生徒は何とか無事に過ごすことができました。
先週の木曜日、StageⅡ(5年~8年)とStageⅢ(9年~12年)では、10月に発足する次期生徒会の立会演説会と選挙が行われました。密を避けての立会演説会とあって、どちらのStageもオンラインで立候補者の演説が配信されました。流石に現代の子どもたちです。カメラに向かって話をするのは、すっかり板についてきている感じです。舞台上での演説と変わらぬ迫力を見せていました。
ところで、ステージごとの生徒会は、小林聖心の歴史上初めての取り組みです。今回の立候補者募集から正式にスタートしました。9年生はStageⅢの仲間入りです。そして、5年生・6年生も、中学生と一緒に活動します。どちらのStageも積極的に責任を担おうとする児童・生徒が沢山立候補しました。
記録によれば、小林聖心では1967年に高等学校生徒会、中学校生徒会、小学校児童会が発足したとのこと。同じ年に、プールや第一体育館が完成しましたので、まさに、学校全体が新しい時代に向けて動き出していた頃でしょう。
創立99周年の今年、後期には、4-4-4制に基づく児童会生徒会に移行していきます。StageⅠは7年生、StageⅢは11年生がそれぞれ会長となって、来年の9月まで4学年をリードしていくことになります。100周年を担っていく生徒会として、それぞれのStageらしく、主体的に活躍することができますように。
「生徒会という組織の一員として、仲間と力を合わせて働いた経験は、自分のキャリアにおいてとても大きな力となっている」と、卒業生はよく話してくれます。将来のそれぞれの道において、新しい生徒会での経験が大きな力となることを期待しています。

TV児童朝礼

2022年7月1日 小学校

今日のTV児童朝礼では、小学校児童会の「言葉の花」企画の途中経過の報告とStageⅠ児童会から来週のStageⅠ朝礼に向けての説明がありました。TV児童朝礼の回数を経て、役員たちの姿も堂々たるものとなってきています。

StageⅡ生徒会選挙

2022年6月30日

5年生から8年生でなるStageⅡの自治を担う生徒会の役員選挙がありました。
立候補者は放送室のスタジオから一人ずつ演説し、各教室で視聴する生徒たちに考えを訴えました。
投票も各教室の自席からタブレットを使って行いました。

英語でアルバイトの模擬面接

2022年6月30日 高等学校

11年生(高2)の「英語表現Ⅱ」の授業では、生徒たちが大学生になってやってみたいアルバイトの模擬面接を英語でやってみるというプログラムを行いました。英語での質問と回答をそれぞれ考え、ソフトな第一印象をもってもらうための話し方表現・表情作りにもこだわって取り組みました。

 

 

 

生き物広場(生活科)

2022年6月29日 小学校

2年生は、自分たちでつかまえた生き物を教室で飼っています。
今日はその生き物を1年生に紹介する「生き物広場」がワークスペースで行われました。
メダカ、ザリガニ、バッタ、カタツムリ、ダンゴムシなど、2年生は生き物について調べたことを説明しました。
1年生は、生き物を手にのせてもらったり、えさやり体験をさせてもらったりして、うれしそうでした。

StageⅡのみこころの祝日

2022年6月28日 小学校中学校

6月22日、みこころの祝日記念行事が行われました。この祝日を通して、本校では、惜しみなく人に対して自分の力を使って、人を大切にする気持ちを思い起こすことを大切にしています。StageⅡの5年生・8年生(中2)は聖堂で、6年生・7年生(中1)は聖堂の様子をZoomで中継して、教室でそれぞれみことばの祭儀を行いました。その後は、各教室で奉仕活動としてぞうきん縫いを行いました。

 

 

 

難民について考える

2022年6月27日 中学校

8年生(中2)は、ホームルームの時間を使って、班に分かれて難民問題について調べ学習を行い、クラスの中で発表を行いました。難民をとりまく問題や課題はとても難しい内容ですが、しっかりと調べて発表することができ、理解を深めることができました。本校では、問題に対する理解を深めて、その後、自分たちに何ができるだろうかを考え、実践していくことを大切にしていますが、その第一歩となりました。

 

 

 

丘の学び舎 その176

2022年6月27日 校長室より

先週は、1年生~12年生まで全学院挙げて、「みこころの祝日」をお祝いすることができました。創立者の祝日と並んで、大きなお祝い日です。創立者が模範と仰いだイエスの聖心(みこころ)に少しでも倣うことができるよう、それぞれの学年らしい奉仕の体験を積み重ねる日です。12年生はそれらの集大成として、各自の体験を振り返り、分かち合いながら、「共生」について考え、話し合う時を持ちました。
この2年余り、コロナのために、学校から外へ出かけて行って、実際に奉仕の体験をするということは難しくなっていました。それでも、現代ならではの新しい取り組みも生まれてきました。困っておられる方々、助けを必要としておられる方々のために何かの形で行動する可能性は、どんな状況の中でも、創造的に生み出していけるものなのだと気づかされます。
生徒たちには、聖心女子学院世界共通のロゴ「Open Heart」について話をし、イエスの聖心(みこころ)について考える機会としました。イエスの聖心(みこころ)は閉じたハートではなく、片側があいています。自分のことだけで充足している心ではありません。自ら開いて出ていき、他者に向い、他者と共に生きる心の表れです。一方、他者を受け入れる姿勢でもあります。「私のところに来なさい」と両手を広げて待っていてくださるイエス様のように、他者を迎えて、共に生きる心の表れです。
その心の開いたところに、十字架の印が付いています。心を開いて他者に向かう時も、他者を受け入れる時にも、痛みが伴うことを意味しています。イエス様が十字架上でご自身を捧げられたように、徹底して開いていこうとすると、人間的な痛みを避けることはできないのでしょう。
日常における周りの人々との関わりにおいても、また大人になった時のより広い人間関係においても、地球市民である「みこころの子供」として「Open Heart」を生き、「希望のつくり手」となってほしいと願った「みこころの祝日」でした。

このページのトップへ