小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その23

2018年4月28日 校長室より

いよいよ、「学院祭Students’ Day」と「学院祭Come and See Day」が近づいてきます。12年生のリーダーシップのもと、中高生全員、準備に余念のない日々を過ごしています。今年から「学院祭Come and See Day」には、小学校5・6年生もゲームのお手伝いとして加わります。Stage II(5年生から8年生)の一員としてお姉さんたちの仲間入りをし、小さい子供たちに楽しんでもらえるよう一生懸命働くことができるのは嬉しいことです。

「Come and See Day」とは聖心の中でよく使われてきた表現で、以前はバザーの日を「Come and See Day」と呼んでいました。今年からバザーが学院祭と一体になったことを受けて、「学院祭Come and See Day」と命名しました。

「Come and See」とは聖書でよく用いられている表現です。「私のことを知りたいのであれば、Come and See!」と呼びかけてくださるイエス様の招きを感じさせられる言葉です。聖歌「With Christ」で「来~て~見なさい~♪」と歌うとおり、この学院祭が児童・生徒、保護者、卒業生、お客様、そして先生、皆にとってイエス様との出会いの場となりますように。そして、そこで温かさと喜びに満ちた神の国が広がりますようにと、心から願っています。

このページのトップへ