小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

黙想会を行いました。

2020年2月15日 高等学校

2月4日(火)、5日(水)の2日間、12年生はカルメル会の中川博道神父様にお越しいただき、「立ち止まって、独りになって、聴いてみる」というテーマで黙想会に与りました。

「過去や未来に囚われて今を疎かにするのではなく、今に注意を向け、今を充実させなくてはいけない」、「人間は1人で自分を生かすことはできない。相手との出会いの中で生きていく存在である。そしてまた、社会や大地との関わりを抜きにして自分にはなれない」、「何事でも人からしてもらいたいと望むことを、人にもしてあげなさい」―― 神父様はたくさんのレジメを用意して下さり、ご自分の体験も交えながら、穏やかなお声で一人一人に語りかけるように話して下さいました。

生徒達は卒業式を目前に控え、新しい生活への期待に胸を膨らませています。しかし、これまでの生活を振り返って感傷的になることもあれば、漠然とした不安を抱くこともあり、また時には、浮ついてしまうことも……。そんな今の自分をしっかりと見つめ、どうあるべきか、何をしなければならないか ―― 、真剣に考える時間をいただいた2日間でした。

 

 

このページのトップへ