小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

一年生 初めての登校

2020年5月26日 小学校

長い休校期間でしたが、いよいよ六月から学校が再開されます。その先頭を切って、一年生が登校しました。一年生にとっては、小学生になって初めての学校ですが、着ている制服はもう夏服になっています。

 

 

 

 

 

きれいに花が植えられたエントランスを通って玄関を入ります。
「おはようございます。」待っていた先生方に元気よくご挨拶ができました。
自分の靴箱を確認して、校舎内へ進みます。

 

 

 

まず、保護者とともに広い体育館へ入りました。
待っていたのは、担任の先生方です。
オンラインの授業では、毎日顔を見ていましたが、本物に会うのは初めてです。
そしてやはり、姿も声もよく知っているシスター棚瀬校長からの話を聞きました。

クラスが半分ずつに分かれて、教室の自分の名前が書かれた席に座りました。
担任の先生から名前を呼ばれて、「はい」と返事をします。
やっとこれで「小学一年生」という気持ちがわいてきました。

 

 

 

 

 

 

図書館で本を読んだり、校舎内で写真を撮ってもらったりして、あっという間に半日が過ぎました。
次に登校するのが楽しみになりましたね。

このページのトップへ