小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その61(中高生版)

2020年5月27日 校長室より

中高生の皆さんへ
昨日は、小学校1年生が小林聖心の小学生になって初めての登校日でした。今日から3日間は7年生、そして、来週は、その他の学年が分散登校してきます。1年生のお顔を拝見して、元気をもらいました。今日も楽しみです。
ところで、児童生徒がいよいよ登校してくるということで、この一週間程、校内は準備に余念がありませんでした。特に植木の手入れをしてくださったり、花壇にパンジー等の花を植えてくださったりと、植木屋さんにお世話になったお陰で、キャンパスは生き生きと蘇ってきました。子供たちのためにありがとうございます。
ところで、昨日の朝、校門に入る手前で、前の日までなかったものに目が留まりました。とてもかわいい木です。思わず近寄ってみると、淡いピンクの小さな花が集まって咲いています。これまで見たこともない木でしたので調べてみると、「カルミア」という名前でした。大きくなると2~3mにはなるそうです。蕾はコンペイトウのような形をしていますが、花が開くとお皿のような形になるそうです。1年生や7年生を歓迎するかのように、小林聖心の道標の横で、温かい空気を醸し出してくれています。この木が大きくなる頃には、1年生も大きくなっていることでしょう。
先生方はじめ、沢山の方々が心を込めて準備してくださった学校に、皆さんをお迎えします。「聖心女子学院はイエスのみこころに結ばれた一つの家庭です。」という言葉がふと、頭に浮かんできました。新1年生や新7年生が、ここは私の学校、私のお家と感じてくれたら嬉しいです。このお家で一緒に過ごしながら、それぞれが成長できますように。初代学院長のマザー・マイヤーにたくさんお祈りしながら、皆さんをお迎えします。

このページのトップへ