小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その77(中高生版)

2020年7月6日 校長室より

中高生の皆さんへ
梅雨らしい日々が続いています。全員で授業を受けるようになって2週間近くが過ぎ、学校で顔を合わせて一緒に勉強できるということだけでも、どれほど幸せなことかと感じていることでしょう。
先日、小学校玄関前の花壇のところで、1年生を見送っていた時のことです。ヒマワリがたくさん咲いているのを見て、「ヒマワリ、きれいね。」と声をかけると「元気になる!」と返事が返ってきました。ヒマワリを見て元気になるという体験があったのでしょうか。それとも、誰か大人がそう言っているのを聞いて、そうなのだと思ったのでしょうか。いずれにしても、1年生のことばに私は元気をもらいました。黄色の効果でしょうか。それとも、大胆な花の形でしょうか。ヒマワリを見ていると、前向きな気持ちになって、元気が出てくるのは不思議です。
ヒマワリ(向日葵)は、太陽が移動することによって花の向きが変わるということから生まれた名前です。いつも太陽に向かって大きく花を開くヒマワリ。その姿から、初代学院長マザー・マイヤーの言葉を思い出します。
「高きを望め。あなた方の眼は、もっとも高きものを望んでいるように。
あなた方の一生は、高きものへの絶えざる努力であるように。」
小林聖心では、よく、「神様に心を向けなさい」と言われます。それは、自分の思いを超えて、神様の思いに心を合わせること、まさに、高きものを望むことです。高きものとは、人間的な意味で成功することや、高い評価を得ることを意味しているのでは決してありません。ヒマワリがいつも太陽に向かうように、神様に心を向け、神様に愛されている子供として、神様の思いに適った生き方ができるよう、努力し続けなさいということでしょう。
新型コロナウィルスの感染が、再び拡大してきています。また、4月以降の繰り返しになるのかしらと想像するだけで気が重くなります。こんな時はあのヒマワリに倣って、神様に顔を向け、神様を仰ぎ見ることにしましょう。必ず元気をくださいます。

このページのトップへ