小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その92

2020年10月19日 校長室より

10月19日
明日10月20日は、「感ずべき御母(Mater Admirabilis)の祝日」です。聖心女子学院で学んだことのある人なら誰でも、このお祝い日の名前を聞いただけで、あのピンクの衣に身を包んだうら若いマリア様の姿を思い起こし、温かい思い出が蘇ってくることでしょう。
「聖心女子学院の聖母」ともいうことのできるこのマリア様は、ローマのトゥリニタ・ディ・モンティ聖心女子学院の壁に描かれているフレスコ画です。1844年、フランス人のシスター・ポーリーヌ・ペルドゥローによって描かれました。1846年にこのマリア様をご覧になった教皇ピオ9世が、「Oh, Mater Admirabilis!」と感嘆の声を挙げられたことがきっかけとなり、以来、このマリア様を「Mater Admirabilis」と呼ぶようになりました。世界中どの学校にも、必ずこのフレスコ画の模写が飾られています。
ところで、先日、ヨーロッパ聖心女子学院ネットワークの代表ヒラリー先生から、「このお祝い日の準備として、コロナ禍に心を合わせて祈りを作り、それを世界中の聖心女子学院で分かち合いましょう。テーマは『それぞれの国や地域、そして世界のための希望と関心』です。」という呼びかけがありました。19ヶ国、47校から申し出があったそうです。小林聖心も、早速、11年生の有志が作ったお祈りを、世界の聖心に向けて送りました。
Lord make us aware and help us to appreciate the blessings we have. Give us young people the strength to be patient, but also as future leaders, help us support or take action where we see the need. Help us not to focus on the problems but to be Artisans of Hope for ourselves and others.
今年の10月20日は、特別な意向を込め、世界中の聖心の生徒と心を合わせて祈り
ましょう。静けさと落ち着きの内に、目には見えない大切なものにいつも心を寄せておられたマリア様のお取次ぎで、感染症に伴う不安や恐怖を超えた希望が与えられますように。

このページのトップへ