小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

冬みつけ(1年生の生活科)

2020年1月30日 小学校

よく晴れた朝になりました。
1年生は、南庭へ出かけて自然観察をしました。
秋とは変わっている様子をたくさん見つけました。
気に入った葉っぱや木の枝は、袋に入れて教室へ持ち帰りました。

English Dayを行いました。

2020年1月30日 高等学校

1月23日(木)午後、高校生による英語発表会(ENGLISH DAY)を行った。

G10は歌を織り交ぜながら、それぞれ“Home Alone”“Descendants”、“Monsters, Inc.”を明るく演じた。

G11は “Hair Spray”に挑み、ダンスが大好きでちょっぴりビッグサイズな女の子が、大人気のダンス番組のダンサーになることを夢見るストーリーを素敵なダンスや歌とともに、社会問題(白人至上主義など)にも触れて見事に演じた。

G12は、シェイクスピア最後の作品と言われる“The Tempest”に取り組んだ。弟の謀略によってミラノ大公の地位を追われたプロスペローを中心に、家族の離散と再会、罪の償い、和解、赦しを工夫を凝らした演出で表現した。

台本作りから、当日の公演まで短期間の準備ではあったが、それぞれの学年がこれまで積み上げてきた英語力を存分に発揮したことをうれしく思う。さらにその力を今後あらゆる面で伸ばして成長していくことを期待する。

 

小林聖心の歴史体験・茶道体験を行いました。

2020年1月30日 中学校

9年生は、1月9日(木)のHRで、小林聖心の歴史体験・茶道体験を行いました。

アーカイヴでは、Sr.景山の説明を受けながら昔の制服や古い校舎の写真など、学校の歴史に関する様々な資料を見学しました。

お茶室では、講師の先生から茶道の心得やお茶の点て方などを教えていただき、茶道の体験をさせていただきました。お茶室の縁側からは美しい日本庭園が見え、いつもと少し違った和の雰囲気を存分に味わうことができました。お抹茶もお菓子も大変美味しかったです。

校内マラソン大会

2020年1月24日 小学校

1月14日から毎朝続けてきた耐寒駆け足の仕上げとして、校内マラソン大会を行いました。
先生方が見守る中、低学年1300m、中学年1600m、高学年2100mを走りました。
急な坂道もあるコースを、子どもたちは苦しそうに走っていましたが、走り終えた後はどの顔にも爽やかな笑みがあふれていました。

震災お祈り会

2020年1月17日 小学校

今朝も寒い朝でした。
全校生が体育館に集まって、25年前の地震の話を聞きました。
悲しいことやつらいことがたくさんありました。
その中で、多くの人が助け合って生きてきたこと、わたしたちが今、何を大切に考えなければならないかを学びました。
全校生で典礼部長のお祈りに心を合わせて、静かに会を終えました。

始業の日

2020年1月9日 小学校

冬休み明けの始業は、8日の予定でしたが、暴風警報のため今朝に延期されました。
元気いっぱいに登校した児童たちは、体育館で始業の集いを行いました。
シスター棚瀬校長先生から、「平和をつくる職人になる」というお話を伺いました。
また、転校してきた3人の新しい友だちの紹介もありました。

クリスマス・ウィッシングを行いました。

2020年1月7日 高等学校

12月19日(木)、講堂にて高校のクリスマス・ウィッシングが行われました。

今年は「Gratia ~愛を繋いで~」をテーマに、小さな御子の姿に満ち溢れる神の愛と慈しみ、恵みに感謝しつつ、私たち一人ひとりに注がれているその愛を世界へと繋げるよう準備を進めてきました。

9日間の沈黙のプラクティスを終えて、当日は歌や朗読、タブロを通して、皆で心を合わせ、祈りのうちに主のご降誕を喜び、お祝いしました。

このページのトップへ