Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

安全・安心対策

安心して学べる環境づくり

安心して学べる環境づくりイメージ

定期的な避難訓練をおこなっています。

本校では、すべての児童・生徒が安心して学校生活が送れるように、安全対策や防犯対策に力を注いでいます。
近年では、兵庫県警へのホットライン設置のほか、子どもの登校時に自動でメールが配信されるシステムの導入といった安全・安心の環境づくりを強化。また、いざという時、迅速に対応できるよう、児童・生徒が住んでいる地域ごとに地区組織を編成しています。

本校の安全対策

お子様の登校確認をメールでお知らせ

「ミマモルメ」というシステムを導入しており、ICタグを持ったお子様が正門を通過すると、登録した保護者のメールアドレスに自動的に通知が届きます。

正門には警備員が常駐して登下校を見守る

登校時ばかりでなく、授業中でも正門外に警備員が常駐しています。さらに、下校時には坂道の下の小屋にも警備員が立ち、児童・生徒の下校を見守ります。

校内の随所に防犯カメラを設置

正門・エントランス・屋外に、数台の固定防犯カメラを設置して、不審者の侵入がないかしっかり監視しています。

登下校時以外、入口は常時施錠

小学校校庭への入り口は、登下校時以外は施錠しています。外来の方とはすべてインターホンで応対しています。

緊急時に備え、教職員全員がPHSを携帯

教職員全員が専用のPHSを携帯しており、校内のどこからでも迅速に連絡が取れるネットワークを整えています。

県警ホットラインを設置

兵庫県警察へ直通の「緊急通報装置」を設置しており、緊急時や非常時には学校から一斉にメールで連絡できるシステムを導入しています。

自然災害への備えを完備

各教室には、児童・生徒の命を守るために、一人ひとつずつヘルメットを常備しています。さらに、万が一の備えとして食料や水も確保しています。