Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

総合的な学習(ソフィータイム)

社会の問題に触れる体験活動で、自ら考える力を養う

創立以来、聖心女子学院の知育のねらいは、一貫して思考力と判断力の育成にあります。ある分野で学んだこと、習った技能が、他の分野での理解・発見・問題解決につながり、それがさらに次の学びへ向かうような人間を育てたいと願っています。そのために、本校ではすべての教科の学習活動において「頭と体と心を使った学習」を実践しています。
本校の総合的な学習の時間は、創立者の名前にちなんで「ソフィータイム」と名づけられ、小学校3年生からさまざまな体験的活動を取り入れた授業を行っています。
総合的な学習では特に、成果よりもプロセスが大切であると考えています。
そのため、「つじつま合わせ」で見栄えばかりを整えるよりも、失敗しても良いので丁寧に聞く、読む、考える、書く、振り返る、を重ねていくことを大切にしています。

小学校の総合的な学習(ソフィータイム)

情報化社会と言われる現代においては、必要な知識や情報を自分で探して見つけ出すことが求められています。その力を育てるために本校では、図書館やコンピュータ教室などの教育施設を活用した「調べ学習」を展開。さらには校外に出かけ、実際に社会や自然に触れる体験の機会を持つようにしています。

テーマは全学年を通して「命」とし、学年ごとに「地域社会」「環境」「生命」「国際理解」など、個別に課題を設け、現実社会の問題と向き合います。

小学3年生 「ものにこめられたいのち」(小林商店街の体験学習)
小学校の総合的な学習(ソフィータイム)イメージ

小林商店街の方々にご協力いただいて、お店の体験学習を行い、ひと・ものとのかかわりや、ものを大切にする生き方を考えます。調べたことは新聞形式にまとめて、グループごとに発表します。

小学4年生 「命をささえる水」(川探検、水の学習)
小学校の総合的な学習(ソフィータイム)イメージ

私たちが生きていくうえで大切な「水」を個々の課題に掲げて、実際に川へ出かけ、専門の先生のご指導を受ける体験を通して、さまざまな角度から人と水との関係を学びます。独自の視点で調べたことをまとめ、聞く人にとって分かりやすいということを大切に、プレゼンテーション形式で発表します。

小学5年生 「かかわりあう生命」(米づくり体験、世界の飢餓問題)
小学校の総合的な学習(ソフィータイム)イメージ

校内の水田での米づくり体験を通して、私たちの命を支える「食」の問題について考えます。ものがあふれる豊かな国のある一方で、飢餓や貧困に苦しむ国があることを調べ、自分たちにできることは何かを考え、実行します。

小学6年生 「国際理解」(世界の人とのつながり、留学生との交流)
小学校の総合的な学習(ソフィータイム)イメージ

小学6年生は、オーストラリアからの高校の留学生との交流会「ジャパン・フェスティバル」を秋に開催します。これは、日本らしい文化についてひと夏かけて調べ学習を行い、調べたことを整理し英語に直した上で、留学生の方に伝える行事です。テーマは、着物、お茶、伝統遊び、米、昔話など。さまざまな日本らしいものを英語で説明し、体験してもらうこの行事は、留学生の方にとても好評です。
また、「ジャパン・フェスティバル」に向けて様々なことを追究する中で、「おもてなしの心」「礼を尽くすこと」などの日本の文化のよさを再発見していくことができるのも、この総合学習のよさです。

中学校・高等学校の総合的な学習(ソフィータイム)

中学1年生 調べ学習の基礎訓練
中学校・高等学校の総合的な学習イメージ

「知りたい情報をいかにして手に入れるのか?」―――、これは生涯を通して数多くの場面で出会う難しい問題でもあり、日々の教科学習・総合的な学習で成果を出していく上でも大切なスキルです。本校では、学習センターにあるたくさんの本の中から見たい本を探す方法から始まり、本の中からの情報を取り出す方法、人に分かりやすい情報伝達の仕方など「調べ学習」の基礎訓練を中学1年生でしっかり行っています。

中学2年生 自然科学分野を通じた思考サイクルの確立
中学校・高等学校の総合的な学習イメージ

中学2年生では、前学年で身につけた基礎を駆使し、仮説→実験→結果を踏まえて考察し、新しい仮説を立てる…という思考サイクルを学び、体得していきます。そして、理科の探求分野と連携しながら、自分たちの興味・関心のある題材を選んで研究や実験を繰り返し、その原理や実験結果を分かりやすくブース展示する「小林聖心科学館」を2月に開いています。
「小林聖心科学館」には保護者の方にも参加していただくほか、本校の小学5・6年生を招きます。生徒たちは、下級生にも分かりやすい説明になるよう心がけて準備を進めるため、自然と説明する力が身についていきます。

中学3年生 論理的思考力の養成 ~社会的弱者への関心を深めながら~
中学校・高等学校の総合的な学習イメージ

中学3年生では、次の時代を背負う者として“社会的弱者”について考えていきます。そして、現在社会的に問題となっている分野における様々なテーマを選び、ディベートを行います。ディベートの準備・実施を通して、根拠を挙げて人を説得できる論理を構築する力を身につけていきます。準備の段階で学習センターの統計資料や文献も駆使しながら、時には行政へのインタビューを試みる生徒もいます。

高校1年生 これまでのスキルを生かしながら、生き方を考える
中学校・高等学校の総合的な学習イメージ

高校1年生では、今までに身につけてきた様々な基礎スキルを駆使しながら、自らの生き方を考えていきます。前半期は、現場の方のお話などをうかがいながら福祉分野への関心を深め、夏には老人ホームなどに介護体験に行く生徒もいます。後半期は4年間の集大成として、自分の関心に基づいたテーマについて約5,000~6,000字で論文を書きます。論文を提出後、各生徒は、最終審査である2名の教員で行われる口頭試問に合格する必要があります。
資料を集め、論証し、結論を導くという論文の書き方を学ぶことは、自らの将来像を描くよいきっかけになっています。