Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

小林聖心の進路指導

進路指導における3つの方針

12年間の進路指導 生き方・キャリア・進級進学

本校では、「生き方」「キャリア」「進級・進学」の3つの柱を念頭に置き、ステージごとに特色ある取り組みを実施することで、12年間一貫の進路指導を展開しています。
児童・生徒一人ひとりが確かな未来をつかむことができるよう、自ら考え、実際に行動できる自己実現の力を育て、使命感をもって他者に貢献できる人を育成します。

進路指導の方針と具体的な取り組み

  • Stage1(小学1年~小学4年)進路指導の目標…入学後、学校生活に慣れ、自分のことが自分でできるように学校生活の適応を目標とします。その後、進級にともない、学習習慣や生活習慣への意識を高く持つこと、人とのかかわりから学ぶことを身につけていき、小学4年では第1ステージのリーダーとしての自覚を養います。<具体的な取り組み(抜粋)>生き方…キリスト教的価値観に基づく人間観(人間としての在り方・生き方)を養う:●先生や友達との接し方を学ぶ(小1)●命の大切さにより多く触れる(小2)●自分の体を見つめる・男女の体の違いを学ぶ(小3)●自然の中で、集団としての規律と協力を学ぶ(小4)/キャリア…自らの将来像を見据え、社会人・職業人としての力を育む:●さまざまな仕事にかかわる人に感謝の気持ちを持つ(小1)●公共の仕事の大切さに気づく(小2)●地域社会で働く人との出会いから学ぶ(小3)●学校のために働く(小4)/進級・進学…基礎・基本となる確かな学力を育成する:●各教科の単元テスト(小1~)●小林算数検定[年4回](小1~)●到達度テスト[4月](小2~)●中学校説明会[2月](小4)
  • Stage2(小学5年~中学2年)進路指導の目標…小学5年・6年では、小学校の高学年としてリーダーシップを持つことを目標とします。中学進学後、広い人間関係の中で見つけるものは、新たな自分と役割です。集団の中で積極的に自分の役割を実践することが、第3ステージに向けての自信を育てます。<具体的な取り組み(抜粋)>生き方…キリスト教的価値観に基づく人間観(人間としての在り方・生き方)を養う:●たとえ小さくても、人のために自分の力を役立てることを知る(小5)●日本の伝統文化に触れ、一生懸命それを伝えている人の姿から伝統をつなげる生き方を学ぶ(小6)●いじめプリントを用いて、いじめの定義や学校の姿勢を確認する(中1)●自然の中で、仲間と協力し合って生活する力をつける(中2)/キャリア…自らの将来像を見据え、社会人・職業人としての力を育む:●働いている人とのかかわりを知る(小5)●自分の将来について考える(小6)●調べ方について知り、いろいろな情報から適切なものを選び、整理して発表する(中1)●科学的思考について学び、自ら課題を決めて研究し、分かったことを伝える(中2)/進級・進学…確かな学力を育成し、自分自身の核をつくることを目指す:●到達度テスト[4月](小5・小6)●小林算数検定[年4回](小5・小6)●中学校説明会[10月](小6)●個人面接/親子面接(小6)●定期考査(中1・中2)
  • Stage3(中学3年~高校3年)進路指導の目標…自己を理解し、さまざまな生き方に触れる中で、社会の一員として自分の生き方について考えはじめます。高校入学後は、将来を見据えて大学で学びたいことを見つけ、希望進路の実現に向け、必要な学力の向上に努め、志望校の選定・決定につなげます。<具体的な取り組み(抜粋)>生き方…キリスト教的価値観に基づく人間観(人間としての在り方・生き方)を養う:●自分らしさに気づき、自分の役割を考える(中3)●他との関わりの中で自己を見つけ自己を知る(高1)●人間関係の基本を学び、他社との関わりの中で自分自身を見いだす(高2)●女性としての将来を見据えた行動と自己決定の必要性を知る(高3)/キャリア…自らの将来像を見据え、社会人・職業人としての力を育む:●自分の将来について考える(中3)●福祉について学び、広く社会に目を向け、現代社会に関する小論文を書く(高1)●奉仕の精神について学び、種々の施設で他者と関わる体験や講座を通して社会を知る(高2)●自分の志す分野や職業を再確認し、理解を深め、目標の実現に向かって歩み始める(高3)/進級・進学…大学進学に向けての確かな学力を育成し、希望進路の実現を支援する:●聖心女子大学説明会(中3~)●定期考査(中3~)●高校進学決定(中3)●夏期講座(高校)●学力テスト[11月](高1・高2)●進学志望校調査(高2・高3)●個別指導(高2・高3)●保護者面談/個人面談(中3~高3)