Obayashi Sacred Heart School 小林聖心女子学院(高等学校・中学校・小学校)

教育の特色

全人教育を基盤に、賢明な女性を育てる3つのステージ

恵まれた環境のなかで行われる、12年間の一貫教育

12年間を3ステージに区分した4・4・4制のカリキュラムを導入し、児童・生徒の発達段階を踏まえながら、独自の教育課程で、確かな力を育みます。また、学年の垣根を越えての学び合いは、新しい発見や刺激があり、より実りのある学習を生んでいます。

キリスト教的価値観に基づく全人教育イメージ

3つの教育方針を実現する多彩な学び

本校では、「魂を育てる」「知性を磨く」「実行力を養う」という3つの教育方針を掲げ、祈る心を育てて内面を磨く「宗教教育」や、国際的なコミュニケーション能力を身につける「英語教育」、「国際理解教育」など、さまざまな教育を実践しています。

すべての学習の土台となる「ことばの力」

すべての学習の土台となる「ことばの力」イメージ

本校は、「ことばの力」の育成を大切にしています。すべての教科を通して、感じたことや考えたことを論理的にまとめ、豊かな文章を書く力が身につく教育を展開。さらに、読書会やスピーチなどのプログラムでは、自分自身の言葉で表現する楽しさを知り、人間性を磨くためにも大切なコミュニケーション能力を養います。また、行事などの体験をふり返り、文章に表すことを実施。言語活動を通して自分を見つめ直し、次の自分づくりへと向かうことをめざします。
一貫した取り組みによって育まれる言語表現能力は、大学でのプレゼンテーションや論文作成、卒業後の社会生活において大いに生かされています。