小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その143

2021年10月11日 校長室より

2年ぶりの体育祭。小林聖心の歴史に残る初めてのStageIII体育祭が、先週土曜日に行われました。高く澄んだ青空の下、9~12年生が競技、創作ダンス、そして、運営に、思いっきり力を発揮しました。今年は予定通りの実施で、保護者の皆様にも観戦していただくことができ、何よりでした。
緊急事態宣言もあり、限られた準備・練習期間となりましたが、体育委員長と12年生の見事なリーダーシップ、そして4学年の惜しみない協力のお陰で、本当に素晴らしい体育祭となりました。コロナ禍の行事、しかも2年のブランクがありましたが、先輩が残してくれた体育祭のよき伝統を受け継ぎながら、未来へと繋ぐことができました。
小林聖心の中高体育祭は学年対抗です。それぞれの学年カラー(6色)のもとに一致団結して戦います。日頃から、この学年カラーが生徒のアイデンティティを形成していきますが、特に、体育祭は学年カラーが大きな意味を持つ行事です。体操服は学年カラーで区別され、先生方も所属の学年に合わせた色に身を固めて応援します。
色には、共同体を結束させるための不思議な力があります。同じ色の学年は似たような雰囲気の集団となり、世代を超えた親近感を生み出す手段にもなっています。今回のStageIII体育祭は、「12年黄」「11年青」「10年オレンジ」「9年赤」の戦いでした。そして2週間後に待っているStageⅡ体育祭は「8年ピンク」「7年緑」「6年黄」「5年青」の組み合わせで熱戦が繰り広げられます。8年生は初めての体育祭リーダーとして、頼もしい姿を見せてくれることでしょう。5・6年生は、初めて学年カラーを意識した学年対抗で、お姉さんたちにしっかりと挑んでほしいと思います。

このページのトップへ