小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

てこのはたらき

2023年11月30日 小学校

実験室では、6年生が理科の授業をしていました。
栓抜きやくぎ抜きなどの道具を使うと、軽く作業ができることを体験します。
手で力を加えるところと、物に力が作用しているところを見つけていきます。
それらの関係を話し合いながら、タブレットに記録して考えていきました。

水彩画「お気に入りの風景」

2023年11月29日 小学校

6年生が水彩絵の具を使って風景画を描いていました。
校舎内外のそれぞれが好きな場所の風景を切り取っています。
一枚一枚の作品から書いた人の思いが伝わってくるようです。

リコーダーの練習

2023年11月28日 小学校

3年生がリコーダーの練習をしていました。
曲は「聖者の行進」です。
難しいところを何度も繰り返して練習した後、先生のピアノ伴奏にのせて合奏しました。

ゴルフ場へ遠足

2023年11月27日 小学校

本校では、デュシェーン班と呼ぶ1年生から6年生までの児童で構成されたグループがあります。普段はお掃除の場所を班ごとに担当しています。
今日は、デュシェーン班ごとにゴルフ場へ遠足に行きました。遠足といっても、校門を出て5分ほどでゴルフ場へ入ることができます。
広いゴルフ場で、走り回ったり草滑りをしたり、思い切り遊ぶことができました。

丘の学び舎 その158

2023年11月24日 校長室より

先週の11月17日㈮、無事に創立100周年記念式典を終えることができました。ご参列くださった皆様、お祈りでお支え下さった皆様に、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
前日の晩から降り続けた雨も、記念ミサの頃には何とか上がり、式典が始まる時には、青空が見えてきました。神様が私たちの祈りを聞きいれてくださったのでしょう。小林聖心の歩んだ100年に感謝するとともに、新たな一歩を始めるための祝福に満ちた一日でした。
大阪高松大司教区の前田万葉大司教様と酒井俊弘補佐司教様、そして4人の神父様方の共同司式による記念ミサに続き、記念式典が講堂にて行われました。200名程の来賓と学校関係者、生徒代表が参列し、オーケストラの演奏や4年生の劇、そして、11年生の校歌斉唱と、子どもたちの姿を見ていただくことができました。生徒代表12年生の挨拶も、小林聖心の教育を実感していただける内容だったのではないでしょうか。
100年の歴史は、一日一日の積み重ねであり、36,500日のあゆみです。その日その日の学校での出来事や喜び、悲しみの中で、8,000名を越える卒業生の成長が綴られた日々です。今も、そうした日々を一日一日続けていることの重みを感じさせられました。
マザー・マイヤーはじめ、お墓のシスター達は、天の御国で、どのような思いで100周年のお祝いを眺めてくださっていたのでしょう。今に至るまで受け継がれている小林聖心らしいものをたくさん遺していってくださいました。そして、これからもずっと、「みこころの子供たち」のために祈り続けてくださっているに違いありません。

聖フィリピン・デュシェーンのお祝い

2023年11月16日 小学校

11月18日は、聖フィリピン・デュシェーンのお祝い日です。
学校では、今朝の朝礼でお祝いしました。
聖フィリピン・デュシェーンは、アメリカの先住民に福音をもたらした方です。
特別宗教を受けている児童たちが、聖フィリピン・デュシェーンの生涯を紹介した後、歌を歌って、お祈りをしました。

生活科「秋フェスティバル」

2023年11月15日 小学校

秋になって集めた木の実や枝などを使って、2年生がおもちゃ作りをしました。
今日は、ワークスペースにお店を開いて、1年生を招待しました。
材料を上手に使った遊びに、1年生も喜んで楽しんでいました。

サイコロゲームで輸入体験

2023年11月14日 小学校

5年生が、野村グループの出張授業で、為替について勉強しました。
いろんな国の名前や通貨当てクイズから始まり、日本の「円」とアメリカの「ドル」の価値が変わることを知りました。
いよいよ輸入体験です。サイコロを振るたびに変わっていく為替レートを見ながら、品物を買うタイミングを見計らいます。
「円高」「円安」の意味がよくわかったようでした。

StageⅠ朝礼

2023年11月10日 小学校

1年生から4年生までが体育館に集まって朝礼をしました。
今日は、創立100周年記念にあわせて、初代学院長のマザーマイヤーのお話を聞きました。
また、図書部長と放送部長からのお知らせがありました。
最後は皆で歌を歌って締めくくりました。

このページのトップへ