小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

児童朝礼

2018年12月14日 小学校

12月14日の児童朝礼では、表彰がありました。ひょうご子どもの作文と詩のコンクール、宝塚市環境啓発ポスター、英語暗唱大会及び西日本私学小学校連合レシテーションコンテストでの表彰でした。各方面で子ども達が活躍しており、頼もしい限りです。

また、児童会から、丁寧な言葉遣いとプラクティスのふりかえりについて呼びかけがありました。児童会が行ってきた「です。」「ます。」運動について、児童会役員が劇を通して、みんなの様子を分かりやすく説明してくれました。丁寧で美しい言葉遣いは、相手を思う気持ちの表れです。

1年の終わり、そして聖心にとって大切なクリスマスを迎えるこの時期に、自分の言葉遣いや行いを1年生から6年生全員でふりかえりました。

 

カードを作りました。

2018年12月10日 中学校

本日のHRで7,8年生は、プラクティス献金と一緒にフィリピンの幼稚園に送る、グリーティングカード作りを行いました。

今日から始まったプラクティスで沈黙を守り、多くの贈り物を届けることができるよう、クリスマスに向けての準備を少しずつ積み重ねていきます。

ジャパン フェスティバル

2018年12月8日 小学校

12月7日(金)オーストラリアとフランスからの留学生と英語科の先生方、そして6年生保護者をお迎えして、ジャパンフェスティバルが行われました。
6年生は、日本の「よさ」を知ってもらおうと、これまで茶道、書道、百人一首、箏、お祭り、和菓子、和食、伝統遊び、折り紙など日本の伝統文化を調べてきました。今日は、お客様をお迎えしての英語での発表です。
発表を聞いていただくだけでなく、体験もしていただけるよう内容を工夫し、和やかな時間を過ごすことができました。今日の子どもたちの笑顔から、英語をツールとして世界の人と交流する楽しさをどの子どもも知ることができたと思います。

無原罪の聖母のお祝い

2018年12月8日 小学校中学校

12月7日(金)、無原罪の聖母のお祝い(「ゆりの行列」)行事が行われました。

StageⅡの5年生〜8年生は中庭に集まり、校長先生からお話を聞きました。
自分の心を託したゆりの花を胸に持ち、祈りながら、周りの友だちと心を合わせながら聖堂に集っていく「ゆりの行列」の意味、大切さを教えていただき、皆で心を合わせました。

その後、聖堂で聖歌を歌い、聖書のみ言葉に耳を傾け、マリア様にゆりの花を捧げました。
ゆりの花でいっぱいになった花台と、その奥に佇むマリア様から、まっすぐな心、誠実な心、神様に向かう心をいただいたように思います。

ゆりの行列

2018年12月7日 小学校

カトリック教会では、12月8日を無原罪の聖マリアの祝日とし、生まれながらに美しい心を持つマリアさまを祝福する日となっています。
今日12月7日に、Stage Ⅰで無原罪の聖マリアをお祝いする「ゆりの行列」が行われました。

ブルーの布とろうそくの火に囲まれたマリアさまはとても美しく、うっとりと見あげるほどです。
「マリアさま、わたしの心のゆりをおささげいたします。いつまでも清く、美しく、お守りくださいませ。」
子どもたちは、心を合わせて祈り、一人ずつゆりの花をおささげしました。

もみじのじゅうたん

2018年12月5日 小学校

みこころ坂は紅葉が美しく、道行く人が思わず足をとめて見上げるほどです。

そんな紅葉の終わりごろ、落ち葉が坂道に落ち、小学生が「もみじのじゅうたん」と呼ぶ日があります。
「先生、もみじのじゅうたんの上を歩くと、足がふわっとするよ。」
「みこころ坂のみぞに流れているもみじもきれい!」 小学生が教えてくれました。
四季折々の姿を見せてくれるみこころ坂が、子どもたちは大好きです。

 

6年生 校外学習

2018年11月30日 小学校

秋の一日、6年生は京都へ校外学習に出かけました。

世界遺産である二条城を訪れ、歴史の大きな転換期となった舞台を目にすることができました。子どもたちはメモを取りつつ、天井や襖の美しい装飾にも見入っていました。

昼食を京都御苑で取り、その後大江能楽堂へ向かいました。
毎年本校の6年生はここで、能の鑑賞レクチャーを受けています。今年も、能の歴史や成り立ちのお話と共に、面、装束、型、謡の体験をさせていただきました。視野が大変狭くなる能面、美しく意外に重い装束、力の入れ方の難しい歩き方など、舞台をみるだけではわからない発見が、いくつもありました。
続いて、「敦盛」の一部を鑑賞しました。謡や舞の緊迫した間や、足の運び、動きの一つひとつを、子どもたちは身を乗りだして観ており、終わった後にたくさんの質問の手が挙がりました。
能にふれただけでなく、600余年の歴史を背負う伝統芸能の担い手の方々の真摯な姿勢にふれた時間でもありました。

 

4年生 参観日

2018年11月29日 小学校

11月29日 4年生の参観、保護者会が行われました。
あやめ組とばら組は「音楽・総合的な学習」、ゆり組は「社会・総合的な学習」の授業でした。

今年の4年生は「逆瀬川をたどる~持続可能な社会を目指して~」をテーマに、学習を進めてきました。春から、逆瀬川での川探検や青野ダムの見学など、体験を通して様々なことを学び、各自で研究テーマを決め、図書館で資料を集めてレポートを書き上げました。今日の授業参観では、研究成果をもとに「持続可能な社会」についてクラスで意見を出し合い、考えを深める様子を参観いただきました。

友だちの意見に触れると、「そうか!そういう見方もある!」「その立場で考えたら、私が考えたことは何かが違うのかもしれない。」といった気づきにつながります。各自が様々なテーマで調べてきたからこその深い学びの時間となりました。

保護者会では、StageⅠの最高学年としてのこれまでの成果と、StageⅡに向けての学習や生活についての課題点をお話させていただきました。

1 / 11812345...102030...最後 »

このページのトップへ