小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

聖金曜日

2019年4月19日 小学校

今日は聖金曜日。
イエス様の十字架での死を想う日です。
今朝はStageごとに分かれた朝礼で、主のご受難や復活についてのお話を伺いました。
午後は下校し、心静かに過ごします。

小学校 昼休み

2019年4月18日 小学校

春らしい陽気に恵まれた今日、昼休みには子どもたちが思いっきり体を動かして遊びました。
「遊び」も発達や成長に重要な要素です。
先生も一緒に入り、歓声と笑顔にあふれたグラウンドになります。
今日は少ない人数でしたが、図書館で本を読んで過ごす子どももいます。

集団下校

2019年4月17日 小学校

1年生は2列に並んで集団下校をします。
先頭が地区のプラカードをもって、同じ方面、駅へ帰る人が同じグループになって並びます。
正門のおじさんに「さようなら」のご挨拶をして、若葉の緑の中を駅に向かいます。
坂道の途中では、鳥の鳴き声を聞いたり、たくさん咲いたタンポポの花を見たりできました。
改札もスムーズに通りました。
ホームではきちんと並んで静かに電車を待ちます。
こうして、帰りの道でも自然観察や社会のマナーを学びます。

クラブ活動

2019年4月16日 小学校

今年度初めての5,6年生によるクラブ活動がありました。

創作 アウトドア 百人一首 サッカー プログラミング
卓球 チャレンジ 手芸 バドミントン ドッジボール
ミニバスケット ダンス

それぞれ同好の児童たちが集まり、自分たちで目標やルールを決めたり、早速活動を楽しんだりと、笑顔に満ちた時間となりました。

小学校 全校保護者会

2019年4月15日 小学校

今日は、全校での参観授業と保護者会がありました。
保護者会では、校長先生から教育重点目標を中心にしたお話がありました。
「自分のつとめをはたす」
これは、”Duty first,duty always”と話されていた初代学院長マザーマイヤーの言葉を小学生向けに意訳したものです。これはまた、校歌の3番にある「愛にねざせる義務の念」という言葉、小学生の毎日の祈り「自分のつとめを一生懸命に果たし」という言葉ともつながっています。
また防災担当の先生から大規模な地震の際の対応についてのお話がありました。昨年の大阪北部地震での経験を踏まえて、学院全体を見て作成された学校の体制についての説明でした。
参観授業は、それぞれの担任の先生の授業を見ていただきました。
緊張の中にも少しうれしそうな子供どもたちの様子がうかがえました。
暖かくなった春の日差しの中、1年生は授業後、保護者の方と一緒に下校しました。

地区集会

2019年4月11日 小学校

小学校には、利用する駅が同じである児童や方面が同じである児童のグループからなる地区組織があります。
今日は、同じ地区のグループが集まってお弁当をいただきました。
そのあと6年生の地区長を中心に登下校のルールやマナーの確認をしました。
安全に行儀よく登下校できるよう、声を掛け合えるといいですね。

中学校入学式を行いました。

2019年4月11日 中学校

4月4日(木)・5日(金)に中学入学式・オリエンテーションを行いました。

満開の桜に迎えられ、97回生となる新中学1年生(7年生)106名が入学しました。入学式では一人ひとりがSr.棚瀬校長の前で呼名され、元気に返事をしていました。

入学式の直後から2日間、新入生達はオリエンテーションに参加しました。初日は宗教講話と校舎内オリエンテーリング、2日目は校歌の練習や生徒心得の読み合わせ、学年全員での交流活動を行い、本校で中学生として学校生活を送るために必要なことを学びました。昼食は班に分かれて楽しくいただき、いいスタートを切ることができました。

小学校 デュシェーンタイム

2019年4月10日 小学校

小学校では、1年生から6年生までの各学年から2~4人ずつ集まってデュシェーン班を作っています。デュシェーン班では、一緒にお弁当を食べたり、運動会の応援をしたり、隣のゴルフ場で遊んだりします。この時間をデュシェーンタイムとよんでいます。またお掃除も、このグループで行います。
今日は、2019年度の初顔合わせでした。次のデュシェーンタイムから参加を始める1年生を迎えるための相談をしました。

1 / 12612345...102030...最後 »

このページのトップへ