小林聖心女子学院ブログ 小林聖心
女子学院
ブログ

丘の学び舎 その115

2021年3月29日 校長室より

3月もいよいよ残すところ僅かとなりました。ただ3月が終わるというだけではなく、学校の歴史に残る2020年度が終わります。先週末、満開となったロザリオヒルの桜は、昨日の雨ですっかり精彩を失くした感があります。かつては桜といえば入学式という感じでしたが、昨今は、3月末に開花してしまいますので、桜は別れの季節の花のようにも思えてきます。はかなさゆえに美しい桜とともに、学校も別れの季節から出会いの季節へ向かっていこうとしています。
先週の土曜日、学院挙げてのオープンスクールが行われました。昨年度は、新型コロナの影響でオープンスクールが中止となりましたので、2年ぶりの開催です。幼稚園から小学校6年生までの子供たちと保護者の皆様を一堂にお迎えしました。温かな春の光に包まれ、色とりどりの花が咲き乱れるキャンパスで過ごしていただけたことが、何よりでした。
小中高が一つになって学校紹介ができるということは、まさに小林聖心が一つの家庭(home)であることの象徴のようです。1年生~12年生、小中高という12年間の全体像を垣間見ていただくことができるからです。12年間の年齢幅がある児童生徒が同じキャンパスで育つからこそ、様々な出会いがあり、学年を超えた学びが生まれます。小学生の頃、下校途中で困っていたら高校生のお姉さんが声をかけてくれて一緒に帰ったこと。助けた方も助けてもらった方も、一生忘れられない思い出となります。校内で出会ったお姉さんの姿を見ながら、私もあのようになりたいと憧れ、目標を持って努力します。女の子の成長には、この憧れがとても重要な意味を持ちます。同じ制服を身に付け、同じ空気を吸って、様々な出会いを体験する学び舎は、子供たち一人ひとりにとってかけがえのない成長の場です。
関西圏で急激に新規感染者数が増えてきているのが気がかりな学年初めですが、また、新しいドラマが生まれることでしょう。今年度、味わった「何といっても、学校は、子供たちが集まって、顔と顔を合わせて学ぶところ」という実感を大切にしながら、新学年度を迎えたいと思います。

ロザリオヒルの桜

このページのトップへ